初老のボケ防止日記

おっさんのひとりごとだから気にしないようにな。

スポンサーリンク

定額音楽配信サービスの「AWA」と「LINE MUSIC」を比較してみた



両方簡単にさわってみただけですが。

「AWA」と「LINE MUSIC」の両方を使ってみたので使い勝手含めて比較してみましょうねと

osa030.hatenablog.com
osa030.hatenablog.com

概要

まずは、ざっくりとした比較。

比較項目 AWA LINE MUSIC
提供曲数*1 約100万曲 150万曲以上
会員登録 しなくてもいい LINEアカウント必要
お気に入り 公開プレイリスト/曲/アルバム/アーティスト 曲/アルバム/アーティスト
プレイリスト 作れる 作れる
プレイリスト公開 できる シェアで可能
シェア 追加予定*2(Twitter/FB) できる(LINE/Twitter/FB)

「LINE MUSIC」はLINEの提供サービスなのでLINEアカウント登録が必要なのはわかるのだけれど、それ以外はまあ大体似たような感じ。お互いガッツリ競合してるサービスなので足りない機能は相手を意識して追加されていくのではないかなあという気がしないでもない。

料金

現時点(2015年6月13日時点)では、両者ともに無料期間なので気にしてないでお試しできるんだけど、両方とも基本は有料じゃないとちゃんと楽しめないサービス。

「AWA」

  • プランについて

help.awa.fm

無料プラン、有料プランをお選びいただけます。なお、無料プランは機能制限及び利用時間制限が入ります。
利用開始から90日間は、トライアル期間のため全機能無料でご利用いただけます。

  • Freeプラン

無料でお使いいただけるプランです。
利用時間に制限があります。

  • Liteプラン(準備中)

価格: 360円(税込)
期間: 1ヶ月間(申し込み日から起算)/ 月額自動更新

オンデマンド再生不可などの一部機能制限付きでご利用いただけます。

  • Premiumプラン

価格: 1080円(税込)
期間: 1ヶ月間(申し込み日から起算)/ 月額自動更新

全ての機能を無制限でご利用いただけます。

「LINE MUSIC」

  • LINE MUSICの料金プラン

music-mag.line.me

「LINE MUSIC」は無料でも様々な機能をお楽しみいただけますが、音源をフルサイズで聴いていただくには、有料のチケットを購入いただく必要があります。

  • ベーシックプラン

価格(20時間迄):500円/ 学割300円
価格(10時間追加):300円/ 学割200円
期間:30日間

ベーシックプランでは、チケット購入から30日間で20時間まで楽曲をお楽しみいただけます。また、期間内であれば10時間分の追加チケットを何度でも購入することが出来ます。

  • プレミアムプラン

価格:1,080円*3/ 学割600円
期間:30日間

プレミアムプランでは、チケット購入から30日間は時間無制限に楽曲をお楽しみいただけます。

どちらも、以下の感じになってる。

契約 備考
なし 利用時間制限あり(恐らく曲の再生時間とか)
ベーシック 一部制限あり
プレミアム フル機能利用可能

ここで面白いのが料金の安い"ベーシック"契約の内容。

AWA オンデマンド再生不可などの一部機能制限付き
LINE MUSIC 30日間で20時間まで

「AWA」は機能で制限かけてきたのに対して「LINE MUSIC」は利用時間で制限かけてきてる。個人的にはお金を払ってるのに好きな曲をオンデマンド再生できないのはツライし、パケット通信が気にならない自宅でのんびり酒を飲みながら聴きたいので一ヶ月丸々こともない。そうすると「LINE MUSIC」の再生時間上限付きの方が魅力的に感じる。

ただ、「AWA」のLiteプランの内容は"準備中"なので、有料開始迄に「LINE MUSIC」を意識した内容に変更してくる可能性は充分にあるんじゃないだろうか。

ここからは実際に使ってみた感想。

UIの操作感

これはあくまで主観になるので参考程度で。

「AWA」

f:id:osa030:20150528231626j:plain

素直に格好良い。オサレ感を目指した為、パッと見何ができるかわかりにくけど、ある程度スマホの操作になれた人は直感的に操作はできるかな。

「LINE MUSIC」

f:id:osa030:20150611121704j:plain

普通。初心者にも使えるように色々と親切にしてるつもりなんだろうけど、実際はそこまで使い勝手良くない。

使っていて気持ちいいのはAWA、LINEは他のLINE謹製アプリとの統一感(LINEユーザならわかりやすい)とかもあるのかなあという印象。

音質

両方共、設定で色々と選べる。

「AWA」

Low 64kbps
Normal 96kbps
High 128kbps

これ以外に「Wifi接続時は自動的に320kbpsにする」設定もある。

「LINE MUSIC」

アプリの設定画面からだと細かいビットレートは不明だったのだが、以下の記事で書いてあった。

http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20150611_706455.htmlk-tai.impress.co.jp

音質-低 64kbps
音質-中 192kbps
音質-高 320kbps

これ以外に「ネット環境に応じた自動設定」もある。

自宅でWiFiで最高音質でしか試してないのだけど、その場合はビットレートが同じ320kbpsなのであんまり違いはわからない。外出時の音質は、LINE MUSICの方がいいけどその分パケットを使うということになる。

オフライン再生

これもまだ試せてないのであくまでサービス内容より。

「AWA」

https://www.cyberagent.co.jp/news/group_press/id=10560www.cyberagent.co.jp

2015年9月にオフライン再生モードを追加予定。

オフライン環境でもデータ通信せずに再生することでデータ通信量の節約、電波が届かない場所での視聴も可能。

「LINE MUSIC」

アプリヘルプの記載より

Q:キャッシュプレイに対応していますか?

はい、対応しています。ただし、1曲ごとの再生開始の際に通信を行う必要があるので、ネットワークにアクセスしていないと連続ローカル再生はできません。※LINE MUSIC内での「キャッシュ」とは、楽曲情報を一時的に保存し、ネットワーク環境にない場合でもアプリ内でのみ再生が可能になる機能です。

「AWA」はまだこれから機能追加なのでよくわからないけど、「LINE MUSIC」は曲を再生開始の度に通信を行うので完全にオフラインで再生できるわけではないらしい。これは有料サービスなので契約内容確認という意味では当たり前なんだろね。

歌詞表示

これは実は同じようで結構違った

「AWA」

f:id:osa030:20150613153443p:plain

カラオケのように曲にあわせて動く

「LINE MUSIC」

f:id:osa030:20150611123259j:plain

動かない

あと、同じ曲を試しても「LINE MUSIC」では歌詞が表示されないことが多かったので、この辺は歌詞データの提供先の違いなのかなあとか思った。

検索

同じ曲を両サービスで検索した結果。

アーティスト AWA LINE MUSIC
m.c.A・T 発見 発見
すかんち 発見 発見
ストリート・スライダーズ 発見 発見
筋肉少女帯 なし なし
国生さゆり 発見 発見
クレイジー・ケン・バンド 発見 発見
BON JOVI 発見 発見
NIRVANA 発見 発見
GUNS N' ROSES 発見 発見
OASIS なし なし
Taylor Swift 発見 発見
SEKAI NO OWARI なし なし
ゲスの極み乙女。 発見 発見
世界のザキ なし 発見
アニメタルUSA 発見 発見

大体、似たような感じ。AWAはどんどん増やしていってるみたい。


いずれにせよ、もっと昔のアニメの懐メロとか海外のマイナーアーティスト系を聴きたいところなんだけど、こればっかりはレーベル側の問題なんでしょうかね。

osa030.hatenablog.com

あと検索結果が両者違う。

検索 AWA LINE MUSIC
アーティスト名 できる できる
曲名 できる できる
アルバム名 できる できる
プレイリスト できる できない
ユーザ名 できる できない

どっちもひらがな・カタカナ・アルファベットで同じ検索結果に辿り着くし、レスポンスも上々でストレスを感じることはない。開発者頑張ったなあという印象。できればジャンルとかで絞り込みできたらいいなとかも思ったけど、そこは贅沢か。
「AWA」で面白いなと思ったのは、検索候補の"アーティスト名|曲名"が含まれている"プレイリスト"を検索結果に出してくれるところ。これは同じ曲を聴いているユーザが公開したプレイリストも覗けるので自分の好みが似た知らない曲を見つけることができたりして便利かなと思った。

所感

どちらも同じ定額音楽配信サービスなので、サービス内容は似たようなものなんだけど、サービス提供会社が異なるのでコンセプトが違うかなと感じる。

「AWA」

"音楽を純粋に楽しんでほしい"という想いが伝わってくる。そのための直感的なUIだし、公開プレイリストという見知らぬユーザどうしのプレイリストを通じて今まで知らなかった曲に巡りあう楽しみがある。

「LINE MUSIC」

良くも悪くもLINEユーザの為のサービスなので、LINEを使ったユーザどうしのコミュニケーションの道具として作られていると感じる。学割料金が設定されているのも、LINEのユーザ層をよく考えてるなと。ただ、Youtubeで満足している今どきの若い子がお金を払ってまで使うようになるかどうかはわからない。

個人的には、自分の知らない色々な音楽を楽しみたいので、LINEでつながってないユーザのプレイリストを参照できる「AWA」のほうがいいかなと思う。

だってLINEは家族しかつながってないから。

それでも毎月1000円近く支払わないとフル機能使えないのは、サービス提供側の気持ちとしては充分わかるけど、お小遣い制のお父さんとしては厳しい。そうなると500円以内で利用時間制限がある「LINE MUSIC」の料金プランは魅力的に思える。残りの無料期間を充分に楽しんでから契約するか判断しようと思う。ということで、

AWAさん、頑張ってください。

*1:2015年6月時点のローンチ時のもの。AWAは2015年末迄に500万曲目指すというが...

*2:2015年7月中旬機能追加予定らしい

*3:LINE STORE内だと1,000円らしい

スポンサーリンク