読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初老のボケ防止日記

おっさんのひとりごとだから気にしないようにな。

スポンサーリンク

西友の「チーズバーガー」を食べてみた



肉より魚が美味しく感じる今日この頃。

昨年のマクドナルドの件*1以降、ファーストフード店に行く機会がすっかり減ってハンバーガーなんてジャンクフードは暫く食べてないのだが、たまに食べたくなる時ってあるよね?

え?それはお前がデブだからだと(怒

そういえば、最近こんなニュースを見かけたのを思い出した。

news.mynavi.jp

我が家に一番近いスーパーは西友なので日頃から日用品をはじめ酒類など生鮮食品以外ではお世話になっているんだけど、休日どこにも出かける予定がない日はお昼ご飯も調達することが多いので実は気にはなってはいたのだ。

西友のチーズバーガー

西友(Walmart)の発表資料によると、4 月に発売した"手作りハンバーガー"のバリエーションみたいだ。

このチーズバーガーの特長は、バーガーパテが隠れるほどの存在感のあるスライスチー
ズです。味の決め手は、ゴーダ・チェダー・マスカルポーネ・パルメザンの 4 種類のチーズを使用したコクのある柔らかいクリーム状のソースで、チーズ感を強調することでチーズ好きの方にも満足いただける味に仕上げています。

チーズバーガーに使われている「ごちそうハンバーグ」とは

特にこだわった点は、ふっくらとパテを仕上げる方法です。工場では、ハンバーグの生地を「中具」と「外具」の 2 つに分け、中具を外具で包み込むように 2 層に成形することで、空気を入れ、ふっくらと仕上げています。また、具材のトマトの自然な甘さや旨味を引き出すために相性の良い玉ねぎを加え、野菜たっぷりの味わいを実現。外はカリッ、中はふっくらとした食感となるよう、2 段階に分けて加熱をし、肉汁・野菜汁もしっかり閉じ込めました。店舗厨房で最終調理をし、旨みを引き出すオリジナルのデミグラスソースをあわせて提供いたします。

ほう。なら食ってみよう。

買ってきた

外観(その1)

f:id:osa030:20150704125707j:plain

ファーストフード店で売られているハンバーガーは包装紙で包んであるイメージだけどプラ容器に入っている。恐らく弁当等の惣菜と同様の包装とすることでコスト的なメリットがあるし従業員的にも楽なのかなと思ったけど、地球への優しさが感じられないのがグローバル企業っぽい。

外観(その2)

f:id:osa030:20150704125719j:plain

プラ容器からチラ見したチーズバーガー。結構ボリュームがある。

チーズを強調

f:id:osa030:20150704125729j:plain

チーズソースを使った"チーズ好き"のためのチーズバーガーと三回も"チーズ"を記載してアピールしているが、そもそもチーズバーガーはチーズ好きじゃないと食わないのではないかと老婆心ながら思った。

気になる(してない)カロリー

f:id:osa030:20150704125737j:plain

462カロリー。牛丼(並)は600カロリー程度なのでそこそこある。チーズに拘ったのが裏目に出たか?

だれが作ってるの?

f:id:osa030:20150704125747j:plain

西友のお惣菜は100%子会社の若菜プレゼンツ。

www.e-wakana.co.jp

ちなみに若菜は埼玉の企業です。ビバ埼玉。因みにこのチーズバーガーは若菜でも売ってるんだね。

株式会社若菜|若菜の商品紹介|特集

食べてみた

温めた

説明通りに電子レンジで500Wで30秒加熱。

  • 温め前

f:id:osa030:20150704135814j:plain

  • 温め後

f:id:osa030:20150704135832j:plain

食べた

f:id:osa030:20150704135840j:plain

バンズがふっくらしており、パテもボリューミー。こだわり製法のおかげで外は歯ごたえがあり中はジューシーというハンバーグというよりもメンチカツみたいな印象。でかいスライスチーズの下に"ゴーダ・チェダー・マスカルポーネ・パルメザンの"チーズソースが入っているんだけど、これもまたコクがあって美味しい。
感想としては惣菜の領域から抜け出せてはいない。そもそもファーストフード店のハンバーガーのようにオーダーしてから調理するものではなく、惣菜コーナーに作り置きで販売されている商品なのでそこは期待しちゃいけない。あと値段を税抜き300円以内におさめたせいか野菜が気持ち程度のレタスしか入ってないのが残念。
自宅でオニオンスライスとか足したらもっと美味しくなるのかもしれないのでオレオレカスタマイズすることでさらなる美味しさを求めることはできそうであるが、だったらバーガーキング行くわって言う気がしないでもない。

比べてみた

ファーストフード店のチーズバーガーと比較してみる

店名 品名 カロリー(kcal) 価格(税込)
マクドナルド チーズバーガー 324 ¥130
ロッテリア 絶品チーズバーガー 455 ¥360
モスバーガー モスチーズバーガー 440 ¥400
バーガーキング ワッパーチーズ 751 ¥570
西友 "チーズ好きのための"チーズバーガー 462 ¥302

バーガーキングのワッパーはUSA仕様なので大きさ含めて比較してもあまり意味がないけど、他の国内ファーストフード店のチーズバーガーと比較してもまあまあのカロリーなのは、バテもそこそこ大きいし、拘りのチーズソースの影響があるのではないかと。

個人的にはハンバーガーが食べたくなったらモスバーガーかバーガーキングに行くと思うけど、スーパーで買うと、ドリンクも安いし、サイドメニューにおにぎりとかカップ麺とか好きなモノが合わせられるのでそういう意味ではありかなとも思う。そんな感じの製品なので近くに西友か若菜があったら試してみてもいいんじゃないでしょうかと。

ウォルマートの成功哲学 (DIAMOND流通選書)

ウォルマートの成功哲学 (DIAMOND流通選書)

  • 作者: ドン・ソーダクィスト,徳岡晃一郎,金山亮
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2012/12/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
恋はチーズバーガー

恋はチーズバーガー

*1:2014年夏のナゲット消費期限切れ事件

スポンサーリンク