初老のボケ防止日記

おっさんのひとりごとだから気にしないようにな。

スポンサーリンク

AWAを辞めました。



今までお世話になっていたAWAですが、本日を以って辞めることにしました。

awa.fm

理由は色々とあるのですが、一番の理由は

今日で試用期間が終了するから。

いきなりそんな事を書くと、

「試用期間で辞めるとか勿体無い。少なくとも1年は、いや3年は続けないと」

とか、

「試用期間で辞めるような根性無しはどうせ次も長く続かないぞ」

等々、各位から指摘を受けることは覚悟の上で、今回辞めるに至った経緯を自戒の念を込めて残すことにしました。

これまでやってきたこと

AWAにはサービス開始当初からjoinし、使用感をレビューしたり、

osa030.hatenablog.com

同じ定額音楽配信サービスの「LINE MUSIC」との比較をしたり、

osa030.hatenablog.com

公開プレイリストの作成に従事して来ました。

osa030.hatenablog.com

どれも貴重な体験でしたが、特に公開プレイリストについては様々なユーザからお気に入りを頂き、短い間でしたがプレイリスタ冥利に尽きました。

何故辞めるのか

今回AWAを辞める理由は冒頭に書いた通り、

試用期間が終了するから。

なのですが、試用期間後も続けてみて、それでもダメならその時に辞めればいいのではないかということも考えたのですが、

課金が発生するじゃないですか。

ん?

え?

AWA辞めるじゃないの?

はい、辞めますよ。

AWAのサービス利用を。だってTRIAL期間が終わるんだもの。(みつを)

AWAのローンチ直後から利用しているユーザはオッサンと同じくそろそろ3ヶ月のTRIAL期間が終了するので、今後サービスの継続利用すべきか悩む人もいるんだろう。AWA側もそれを見越したように、直前になって有料会員の価格改定を発表してきた。

awa-official.themedia.jp

違う、違う。そうじゃ、そうじゃなあい。

少なくとも今回の価格改定はオッサン的の心には全く響かない。ということで、何で有料会員になってまで続けようと思わないのかの理由をいくつか上げてみる。

(1)UIがストレス

一番最初にAWAのUIを触った時は素直に「カッコいいな。」と感じたんだけど、その後の機能追加の度に重くなっていた気がする。正確には、バージョンアップ後の初回起動が重いだけなんだろうけど、

「AWAのアプリを立ち上げる」=「音楽を聴きたい」

なのに、10秒位なにもできない*1。これって正直なところ聴く気をそがれる。処理上しょうが無いのはソフトウェア開発に従事してるのでわからなくもないのだけれど、普段がヌルヌルなだけにもう少しどうにかならんものか。

(2)新曲がすぐに配信されない

例えば以下の曲。

www.youtube.com

CDメディアでの発売は7/22、ダウンロードではさらに1ヶ月前の先行販売なのに、現時点(8/25)でも配信されない。この曲に関しては「LINE MUSIC」でも配信されていないので提供側の事情なんだろうと思うが、

TSUTAYAでは既にレンタル開始されているぞ。

無料ならともかく、お金を払っているのに新曲をすぐに聴けないってどうなんだろう。

(3)ここぞという時に聴きたい曲がない

これを実感したのはプレイリスト作成時。"公開プレイリストは8曲"という仕様上の制約があるので、あるテーマでプレイリストを作ろうとすると結構選曲にアタマを悩ませる。で、散々考えて

"コレだ"と閃いた曲を探すと見つからない。

公開プレイリストするからには全曲イチオシの曲で挑みたい訳なのだが、正直全部満足に行くことのほうが少ない。自分の音楽の好みが洋楽というのもあるんだけれど、メジャーどころはあってもやはりマイナーどころは弱いイメージ。そういうマイナーな曲こそ

新しい音楽との出会いだと思うのですが。

(4)ランキングや公式プレイリスタのプレイリストに偏りがあるように思える

これは単純に自分が若者達の流行を知らないだけなのかもしれないけれど、

なんで清水翔太がコレがランキング上位に入ってるの?

みたいなアーティストが目につく。特に、邦楽アーティスト。しかも公開プレイリスタとかいう、サービス提供側が著名人(?)に依頼して作成してもらったプレイリストにも、

なんで清水翔太がコレをこのプレイリストにいれるんだ?

っていうのがたまにある*2。色々と大人の事情があるのはわかるのだけども*3

魅力的な有料プランがない

「TRAIAL期間」と同等のサービス利用には「STANDARDプラン(旧称:PREMIUMプラン)」に加入しないといけないのだけれど、値下げしたとはいえ、

960円分もサービス利用するの?

学生ならともかく、初老(既婚男性)が自由に音楽聴ける時間なんてそんなにありませんよ。仮に通勤時間に聴くとしてもパケット通信量もバカにならない訳で。

sim.oshiete.goo.ne.jp

つまり、月額定額制の音楽配信サービスなんて

食べ放題ビュッフェと同じで、料金分の元はとれない。

かといって、低価格の「LITEプラン」は

  1. 好きな曲をオンデマンド再生できない
  2. 再生スキップの回数制限がある
  3. プレイリストが作成できない

安かろう・悪かろうのプラン

これに対して「LINE MUSIC」の低価格プランである、「ベーシックプラン」は機能制限はない代わりに1ヶ月内の利用時間が20時間となっていて、週末にのんびり酒を飲みながら音楽を聴くようなスタイルにピッタリである。

料金プランに関しては「LINE MUSIC」のほうが遥かに魅力的。料金プランに関しては。料金プランだけだけども。

ということで、誠に残念ではありますが、

AWAのサービスの利用TRIAL期間で辞めました。

今後の予定

残念ながら、次の予定はまだ決まっていません。「Apple Music」がAndroidで利用可能になったら使ってみるかもしれませんし、「Spotify」が日本国内で利用可能になったら使ってみるかもしれません。どちらにしても、暫くは静養しつつ、自前のライブラリをレンタルCDで少しずつ拡張して細々とやっていこうかなと思います。

www.apple.com

www.spotify.com

以上、

AWAさん今までありがとうございました。

焼肉屋は食べ放題なのになぜ儲かるのか~小倉優子と学ぶ会計学~

焼肉屋は食べ放題なのになぜ儲かるのか~小倉優子と学ぶ会計学~

  • 作者: 小倉優子,五十嵐明彦
  • 出版社/メーカー: インデックス・コミュニケーションズ
  • 発売日: 2009/03/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 1人 クリック: 26回
  • この商品を含むブログ (4件) を見る

*1:Xperia Z3でその状態だと古いスマホだとどうなんだコレ

*2:コレに関しては本当に若者達で流行っているのかもしれないのだが、以前から謎である

*3:LITE/FREE会員はプレイリストのスキップ回数が制限されているのはそういうことなんだろうなとか

スポンサーリンク