読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初老のボケ防止日記

おっさんのひとりごとだから気にしないようにな。

スポンサーリンク

日清の「とんがらし麺ビッグ 激辛麻婆豆腐味」食べた



お待ち豆腐!

ふとコンビニで見つけてしまった。

www.nissin.com

どうやら新発売だったようだ。

「日清のとんがらし麺」は、ほかのカップ麺にはない "唐辛子練り込み麺" と、辛さの中にも旨みのあるスープが特徴です。中でもビッグサイズのシリーズは、突き抜けた辛さと話題性のあるメニューを展開し、辛口ファンを中心にご愛顧いただいています。
今回、新商品のメニュー選定にあたり、TOKYO FMのラジオ番組「Skyrocket Company」とのコラボレーション企画を実施しました。"ワールドワイドなとんがらし麺" というテーマのもと、リスナーの皆さまからメニューのアイデアを募集。その中で、最もリクエストが多かった「麻婆豆腐」を商品化しました。
麻婆豆腐をイメージしたスープは、ラー油や唐辛子のピリッとした辛さに加え、花椒を利かせたしびれるような辛さが特徴です。激辛ながらも肉の旨みがしっかりと感じられます。


ラジオは宗教上の理由でNACK5しか聞かないので知らなくて申し訳ないのだけれども、ラジオ番組とのコラボ企画らしい。

www.tfm.co.jp

また、別添の "超絶激辛オイル" をお好みで加えることにより、「日清のとんがらし麺」シリーズ最高クラスのレベル5オーバー の辛さをお楽しみいただけます。

シリーズ最高クラスのレベル5オーバー の辛さ

まるで毎年のボジョレーみたいな触れ込みだけれども辛そうなので期待しよう。

f:id:osa030:20160223212123j:plain

開封の儀

f:id:osa030:20160223210041j:plain

辛さをアピールしつつ癒しのイラストでなごませつつのダジャレで寒気を浴びせる。中々高度なパッケージである。

f:id:osa030:20160223210051j:plain

「超絶」に全く思えないキャラ。嫌いじゃない。

f:id:osa030:20160223210059j:plain

麻婆豆腐ということでかやくには豆腐が。これは蒙古タンメン中本シリーズで培ったテクノロジーが惜しみなく投入されているに違いない。

f:id:osa030:20160223210148j:plain

熱湯を注いで3分。豆腐が復活したところで"超絶激辛オイル"を投入。まぜたら完成。

食べた

f:id:osa030:20160223210121j:plain

こちらが出来上がり。とうがらし麺は麺自体にとうがらしが練りこんである "唐辛子練り込み麺"なので全体的に赤い。でもってトーンが抑え気味な赤なのでそこまで辛くなさそう。これはパッケージで騙すアダルトビデオのパターンなのか?

f:id:osa030:20160223210130j:plain

麺は普通のカップヌードルと同じような太さだが、"唐辛子練り込み麺"のせいか少し厚みがあるような気がしないでもない。

さて、肝心の辛さだが、口に入れた瞬間のアグレッシヴな辛さはない。むしろ麺との辛さのバランスが抜群で旨辛という言葉がふさわしい。これはもう全然辛くないわー激辛とか何言ってんだこいつーって食べていたんだけども、こいつはBIGなのでそこそこ量がある。なので、一撃一撃はそれほどダメージはないのだが、段々とその辛さが体内に蓄積されていき、感触する頃には体がポカポカに。

や、やるじゃねえか。

ちなみにスープだけを飲むと普通に辛い。どっちかというとメッチャ辛い。ところが麺と一緒に口に含むとなぜかマイルドに感じてしまうのだ。これはバランスがよく考えられているんだろうな。先日の「極辛ブタキムラーメンRED」とは対極な辛さで、アチラは高音だけ高い曲のように唐辛子系スープの辛さだけ極端に強くしたイメージなんだけど、コチラは音圧が全体的に高い曲のイメージ。麺も含め全体的に辛みが強いせいで突出した辛さはないんだけれども、食べ終わると圧倒される。何だかわかんないものが沢山はいった旨辛味に蒙古タンメン中本ぽさを感じたのは恐らく豆腐のせいだろう。

日清のとんがらし麺 ビッグ 激辛麻婆豆腐味 105g×12個

日清のとんがらし麺 ビッグ 激辛麻婆豆腐味 105g×12個

スポンサーリンク