読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初老のボケ防止日記

おっさんのひとりごとだから気にしないようにな。

スポンサーリンク

明星の「マンゴツリー東京監修 トムヤムクンヌードル」を食べた



トムヤンクンさん?

オジサンは辛いモノが好きなので当然トムヤンクンも好きだ。と言ってもタイ料理屋に行くことはそんなにないのでもっぱらコレを食べている。

www.nissin.com

コレはコレですごく好きなんだけども、出来ればトムヤンクンヌードルを食べてみたいというのが欲があったのだが、先月こんなのが出てたのを思い出した。

明星 マンゴツリー東京監修 トムヤムクンヌードル : 明星食品

タイに本店をもつマンゴツリー東京監修。チキンベースのスープにカフィルライム、レモングラスを加え、特製トムヤムペーストで仕上げる本格味覚のトムヤムクンヌードルです。

マンゴツリー東京?

マンゴツリー東京|Shop|mango tree マンゴツリー

タイ・バンコクの中心街スリウォンに、1994年に創業したレストラン「マンゴツリー」は、カジュアルに味わえるタイ料理のおいしさをそのままに、洗練された空間でタイの優しさを感じていただけるレストランです。 エントランスに足を踏み入れた瞬間、そこはまるでアジアを旅する異空間で、オープンキッチンから届く匂いと熱気は灼熱の地タイを思わせ、オリエンタルな空気を吸い込むと柔らかな時間がゆっくりと流れはじめます。タイ・バンコク「マンゴツリー」の歴史を譲り受け、タイ伝統の味を作り続けてきた本物が醸し出すタイ伝統の味は、心の中に記憶鮮やかにいつまでも残り続けます。

ほー、なんか本格的っぽいな。という訳で買ってみた。

開封の儀

f:id:osa030:20160228142126j:plain

日清がポップなパッケージなのに対して洗練されたオサレなパッケージである。

f:id:osa030:20160228142134j:plain

"マンゴツリー東京"が監修した本物のトムヤムクンですっていう主張。

f:id:osa030:20160228142141j:plain

パクチーも入っている本格仕様。

f:id:osa030:20160228142147j:plain

特製トムヤムペースト(調味油)。

f:id:osa030:20160228142154j:plain

かやくの赤いのは赤ピーマンらしい。

食べてみた

ということでお湯を注いで3分待って調味油をふりかけたら出来上がり。

f:id:osa030:20160228142202j:plain

辛さを主張する真っ赤なスープとほのかに漂うパクチーの香りがそれっぽい。

f:id:osa030:20160228142211j:plain

麺はどちらかというと細め。

流石、タイに本店をもつレストランが監修しただけあってスープの味は上品な辛さでとても美味しい。だがしかし、麺にそのスープが上手く絡まない。その為、麺をすすってもアッサリとした印象しかのこらない。麺を食べ終えた後に残るスープは確かに美味しいのだが、本来麺と絡めて食べることを想定して濃い目の味になっているのでそのままでは飽きてしまう。しかもBIGなので麺多いし。ということで、個人的には期待が高かっただけにちょっとガッカリなお味である。
そもそも"マンゴツリー東京"というお店の味が丸の内女子向けに洗練されており、オッサンが行くような小汚い庶民的なタイ料理屋の味と違って酸っぱさが控えめのかもしれないし、今回の監修の担当分がスープだけだったかもしれないしとか色々と思うことはあるのだけれども、個人的には日清のトムヤムクンヌードルの方が好みである。ということで、日清のトムヤムクンヌードルは改めてすげえなって思えるベンチマークとして食べると損をした気はしない。

スポンサーリンク