初老のボケ防止日記

おっさんのひとりごとだから気にしないようにな。

スポンサーリンク

【Amazon.co.jp 限定】 ブラウン オーラルB 電動歯ブラシ PRO 1000を買った



我が家では随分と前から電動歯ブラシを使っている。今まではPanasonicのドルツを使っていたのだ。そう今までは…。
今使っているドルツは2代目で2年位前に型落ちモデルを購入したのだが、最近バッテリーの持続時間が劣化しているのが気になっていた。で、自分で交換できないのかなーと調べてみたら、我が家よりも更に古いモデルについて、交換した事例があったので、もしかして、電池の型番さえわかれば取り換えできるのではないのか…とチャレンジしたところ、

交換する電池の型番確認の為に一度取り外してまたしまったら全く反応しなくなりました。

合掌。

我が家の電動歯ブラシは嫁氏とふたりで使っているので、これはもう速攻新しいのを調達しないと訴訟問題となってしまうではないか。

という訳で、新たな電動歯ブラシを探しにAmazonを彷徨っていた所、次の商品を見つけたのであった。

ブラウン オーラルB 電動歯ブラシ PRO 1000 D205132M GR グリーン

ブラウン オーラルB 電動歯ブラシ PRO 1000 D205132M GR グリーン

なんかメッチャ安くない?なくなくない?

商品の詳細を知りたかったので、ブラウンの公式ページを見てみると、

そんなモデルは存在しない。

値段と付属品の写真から推測すると、以下のモデルからトラベルケースを省いてコストダウンしたAmazon限定製品のようだ。

http://www.oralb.braun.co.jp/products/oral/product/1000_black.htmlwww.oralb.braun.co.jp

ブラウン オーラルB 電動歯ブラシ PRO1000 D205132MX BK ブラック

ブラウン オーラルB 電動歯ブラシ PRO1000 D205132MX BK ブラック

我が家は旅行に行く際にわざわざ電動歯ブラシを持ち歩かないので絶対に使わないケースが付いているよりも値段が安いほうが嬉しいのである。

今回新しく電動歯ブラシを買うにあたって、今まで使っていたドルツの後継品も検討していたのだが、クイックチャージ機能付モデルは最新型なのでちょっと値段が高い。次に、フィリップスのソニックケアーも気にはなったのだが、我が家には既にフィリップス製品は色々とあるけどブラウン製品はひとつもないので、ちょっとドイツ製品の技術力を体験してみたいという理由と何よりも圧倒的に値段も安かったので今回はブラウンの電動歯ブラシを買ってみることにした。

開封の儀

流石Amazonさん、深夜にポチっても翌日昼過ぎには到着。

f:id:osa030:20160411114330j:plain

世界の歯科医師使用率No.1

世界の歯科医師の使用率世界イチィイイイイッ!

大事なことなので二回言いました。

f:id:osa030:20160411114349j:plain

手磨き用歯ブラシと比較して歯ぐきのキワの歯垢除去率約99.8%up。これは逆に言えば

電動歯ブラシに勝てる人類が0.2%もいるのだ。

f:id:osa030:20160411114400j:plain

付属品は以下の通り。

  1. 充電式電動歯ブラシ
  2. マルチアクションブラシ(EB50) 1本
  3. 充電器
  4. 説明書

とてもシンプルな内容だ。

充電器にたてた

f:id:osa030:20160411114413j:plain

充電器に充電式電動歯ブラシを立てることで充電。フル充電には最大22時間かかり、フル充電の状態で最大7日間ブラッシング可能(1日2回、各2分利用の場合)。急ぎの場合は、1時間程度充電すれば約2分間ブラッシングができる。って

充電時間が長い…。

これは値段を考えればやむを得ないところか。ということで、こまめに充電してあげないといざ磨こうとすると困る。

ブラシつけた

付属のマルチアクションブラシをつけてみる。

f:id:osa030:20160411114418j:plain

ブラシをつけるとそこそこの高さになる。

替えブラシも購入

本体にはブラシが1本しか同梱されていないので、嫁氏と共有するために替えブラシもあわせて購入した。

http://www.oralb.braun.co.jp/products/oral/product/replace_brush.htmlwww.oralb.braun.co.jp

製品外箱の説明によると、本製品はマルチアクションブラシ以外にも以下のブラシが利用できるらしい*1

  1. 歯間ワイパー付きブラシ(EB25)
  2. ホワイトニングブラシ(EB18)
  3. ベーシックブラシ(EB20)
  4. ベーシックブラシやわらかめ(EBS17)

今回は以下の2品を本体と同時購入した。

マルチアクションブラシ

製品付属のブラシと同じもの。

歯ぐきのキワの歯垢が気になる方へ
精巧に計算された16度の傾きのブラシが、歯ぐきのキワを優しく包み込み歯垢を取り除きます。

f:id:osa030:20160411120353j:plain
f:id:osa030:20160411120413j:plain

優しく包み込むタイプは嫁氏用。

歯間ワイパー付ブラシ

歯間の歯垢も気になる方へ
伸縮性に優れたソフトラバー製の黄色い歯間ワイパーが歯と歯の奥まで入り込み、こびりついた汚れまでしっかり磨き取ります。

f:id:osa030:20160411120403j:plain
f:id:osa030:20160411120419j:plain

しっかり磨きとるタイプはオッサン用。

ブラシを比較してみる

マルチアクションブラシと歯間ワイパー付ブラシを比較してみた

f:id:osa030:20160411120431j:plain

f:id:osa030:20160411120436j:plain

どちらも汚れが取れそうだが、歯間ワイパー付ブラシのほうが黄色いフィン・ファンネルがあるので攻撃力は高そうだ。

ドルツと比較してみた

せっかくなので今まで使っていたけれども今はもう動かないドルツとのサイズ感を見てみる。

f:id:osa030:20160411120456j:plain

ブラウンは長い。

f:id:osa030:20160411120503j:plain

太さは同じ位。

といっても長いのは本体なので、奥歯までのリーチの長さとかの磨きやすさは基本的に変わらないはずだ。

使用感

とりあず3日間ほど利用してみた感想である。

今まで使っていたドルツは、手磨き用歯ブラシと同じ角形で毛先がスイングするタイプだったのに対して、ブラウンのオーラルBは、丸型ブラシの回転型。ブラシの動かし方が異なるせいもあるのだろうが、

オーラルBはやかましい。

どんな感じかというとこんな感じ。

ドルツ

キュウィイイイイイイイイン

オーラルB

ドゥルルルルルルルルルルルルルルッ

え?わかりにくい?

えーとですね、ドルツは歯医者さんの電動ドリルっぽい高音なのだけれども、オーラルBは重低音というか全体的にデカイ。つうかもう歯を磨くという音ではなくて歯の汚れを落とすっていう感じの音。

実際に利用してみた感じも音の違いがそのまま現れており、ドルツは(使っていたブラシが極細だったのもあるが)歯の表面やキワの歯垢を超高速に往復するブラシが汚れをかきだすスピードタイプなのに対して、オーラルBはもう力いっぱい根こそぎ奪い取る、なんなら歯茎ごといっちゃう?的なパワータイプみたいなノリ。そんなタイプがぜんぜん違うドルツからオーラルBへの乗り換えだったので、最初はついつい力加減を間違えて出血大サービスしちゃってしまったが、慣れてくると軽くブラシを歯に当てるだけで綺麗に汚れがとれて歯の表面もツルツルになる。ということで

しっかり磨いた感が欲しい人にはオーラルBをオススメ。

ただ、充電にかかる時間や替えブラシの値段、電動歯ブラシ本体の防水性等を重視したいヒトはドルツのほうがいいのかもしれない。

パナソニック 電動歯ブラシ ドルツ 白 EW-DE24-W

パナソニック 電動歯ブラシ ドルツ 白 EW-DE24-W

どちらにしても電動歯ブラシはオススメなので気になるヒトは購入を検討してみてはいかがでしょうか。

*1:説明書を見るともう少しあるっぽいが割愛

スポンサーリンク