読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初老のボケ防止日記

おっさんのひとりごとだから気にしないようにな。

スポンサーリンク

ソニーストア銀座の「PlayStation®VR 特別体験会&先行予約販売」に行って予約購入してきた

行ってきた


先日のE3で発売日が正式決定となったPlayStation®VR(以下、PS VR)。

「E3 2016 PlayStation® Press Conference」にてPS4®、PS VR用の新たなソフトウェアタイトルおよびコンテンツラインアップを発表 | PlayStation®.Blog

実は当日にソニーストアから特別体験会&先行予約販売のメールが来ていたのだ。

www.sony.jp

ということで、

行ってきた

f:id:osa030:20160625162920j:plain

もうすぐ無くなってしまう銀座ソニービル。

www.sony.co.jp

f:id:osa030:20160625163008j:plain

1Fに入ると受付。

f:id:osa030:20160625162949j:plain

受付の後ろで普通に体験会が開催されている。実際は各フロアでちょこちょこ体験ブースが設置されており、ある意味見世物小屋状態である。

f:id:osa030:20160625163021j:plain

こちらが今回のターゲットのPS VR。PS4本体とリモコンは別売りだ。

体験コンテンツ

今回の体験可能なコンテンツは以下の3種類。

定員3名様の枠は『THE PLAYROOM VR』もしくは『The Deep(仮)』のいずれか、定員6名様の枠は『THE PLAYROOM VR』、『The Deep(仮)』、「The London Heist(仮)』のいずれかをご体験いただけます。(ご体験いただくコンテンツは選べません)

定員6名枠の時間帯で予約したので以下三種類のどれかになる。

  • THE PLAYROOM VR

f:id:osa030:20160625163050j:plain

  • The Deep(仮)

f:id:osa030:20160625163028j:plain

  • The London Heist(仮)

f:id:osa030:20160625163042j:plain

オッサン的にはPlayStation Moveを使ったゲームを体験してみたかったので「The London Heist(仮)」が良かったのだが、見事にこれを体験することができた。

体験してみた。

ゲームの体験時間はどのゲームでも15分程度。キレイなお姉さんがVRの装着方法やゲームの操作方法を説明してくれる。実際のゲーム体験時間は10分もないくらいだろう。で、今回のThe London Heistというのはどんなゲームかというと、クライム型FPS?てって感じの爽快なゲーム。高速道路を相棒が運転する車の助手席にのって襲いかかる敵を銃でバッタバッタと撃つ爽快な感じのゲームです。

www.youtube.com

PlayStation Moveを両手に持って、それぞれが腕のように操作でき、片手で銃を撃つ、もう片方の手でマガジン交換やドアを開けたりという操作ができる。


というわけで、

f:id:osa030:20160625163056j:plain

ただいま戦闘中の初老。

画面が見えてないと何をしているのかサッパリわからないのだが、やっている本人はもう必死に敵と闘っている最中。前を向いて銃を撃つだけなら、ただのPS4のゲームなんだけれどもVRのすごい所は、右を向けば車を運転している相棒が見えるし、左手でドアを開けてそこから体を乗り出して後ろを向けば後ろから来る敵も見えるのだ。
映像自体は物凄く綺麗というわけでもないし、そもそもメガネonVRだとちょっとピントが合わせにくい(慣れなのかもしれない)ので、映像表現がすごいという感動はないのだけれども、没入感がすごくその世界のキャラクターになりきってプレイできてしまう。たった10分程度の体験だったけれども、心拍数があがってドキドキして非常に爽快な気持ちになれた。感情移入もすごいので相棒が撃たれたらオッサンは

泣いてまうで。コレ。

さて、体験会はあっという間に終わってしまうのだが、その後に任意のアンケートが。

f:id:osa030:20160625163138j:plain

アンケートに回答すると限定ステッカーを貰えたのだが…。

買ってきた

さて、ここからが今回の本題。今回予約した特別体験会は予約購入の権利付きである。つまり、体験して欲しいなと思ったら

必ず購入できるのだ。

といっても予約購入なので当然発売日までモノは来ないのだが。

f:id:osa030:20160625163105j:plain

体験前の説明時に配られる用紙。体験後にそのまま店舗購入するか、期限までにオンラインストアで購入するかの選択ができる。今回は勿論

その場で購入だ。

f:id:osa030:20160625163116j:plain

ということで、体験終了後に予約受付カウンターへGO!

f:id:osa030:20160625163126j:plain

予約といっても予約購入なので全額支払いで

予約キャンセル不可(だと思う)。

どうしようか迷う場合は期日まで悩んだ上で欲しかったらオンライン購入してください、というスタンスらしい。店頭では現金とクレジットカードのどちらの支払いも可能ということで、今回は現金だコンチキショー!因みに配送業者はデフォルトは佐川急便なのだが、有料オプションでヤマト運輸に変更できる。今回はクーポン割引もあったのでなんとなくヤマトにした。

なお、必ず発売日に配送されるとは限らないので、もしかすると当日にどこかの店頭で買ったほうが速いかもしれんがまあこういうのは勢いが肝心だ。って

まだPS4持ってないですけどね。

購入を検討しているヒトへ

個人的には

PS VRは買いですよ。奥さん。

なんだけれども、今回プレイして気になったのはメガネ着用時のピントの合わせ方である。実はオッサンはメガネをしなくても細かい文字さえなければゲームはできる程度の視力なのでぶっちゃけPS VRはメガネなくても全然楽しめるんだけれども、今回あえてメガネでプレイしてみた。メガネ着用でプレイしてみた経験からすると、メガネがないと殆ど何も見えないという人は是非体験してから購入を検討したほうがよい。
というのは、PS VRは当然メガネをかけたままでも着用できるように設計されている筈なのであるが、装着の仕方によっては装着する際にメガネがズレてしまう。勿論、装着の仕方に慣れてきたらその辺りは問題にならないレベルなのだとは思うのだが、装着時に問題がなくても、ゲームによってはプレイ中に激しいアクションを伴う場合はメガネがズレることも考えられる。その場合にピントがズレてしまうとせっかくのVR体験が台無しだし、もしかしたら気持ち悪くなってしまう可能性も否定出来ない。ということで、気になるヒトは

レーシック手術購入前に体験しましょう。

体験会自体はソニー直営以外でも各地で開催されているようなのでまずは体験してみるのが一番。

www.jp.playstation.com

PlayStation VR PlayStation Camera同梱版

PlayStation VR PlayStation Camera同梱版

PlayStation 4 ジェット・ブラック (CUH-1200AB01)【メーカー生産終了】

PlayStation 4 ジェット・ブラック (CUH-1200AB01)【メーカー生産終了】

PlayStation Move モーションコントローラ (CEJH-15018)

PlayStation Move モーションコントローラ (CEJH-15018)

スポンサーリンク