読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初老のボケ防止日記

おっさんのひとりごとだから気にしないようにな。

スポンサーリンク

MDR-1RBTMK2のイヤーパッドを交換した



イヤーン(パッド)交カーン。

メインのヘッドホンは「MDR-Z7」なのだが、タブレットで動画見たりする時はBluetoothが楽チンなので「MDR-1RBTMK2」も並行して利用している。

f:id:osa030:20170206202408j:plain

www.sony.jp


f:id:osa030:20170206202415j:plain

流石に2年も使い続けたらイヤーパッドがヘタってきて…

f:id:osa030:20170206202421j:plain

端っこの革がボロボロと取れてきてしまう。室内用途なのでボロくてもいいのだけれども、装着の度にカスが落ちてくるのが気になりだした。

純正イヤーパッド

まずは純正のイヤーパッドを探したんだがLとRで別々で売られており、

SONY ( ソニー ) >A-1902-701-A | サウンドハウス
SONY ( ソニー ) >A-1902-702-A | サウンドハウス

合計で6,000円(税抜)とちょっとお高い。

非純正のイヤーパッド(その1)

AmazonでMDR-1R系で使えるものを探した所、以下がヒット。

価格も安く、購入当時(2016/6)当時のレビューで"MDR-1RBTで使えました"とあったので試しに購入。

f:id:osa030:20170206202430j:plain
f:id:osa030:20170206202441j:plain

外箱もキレイだし、イヤーパッドの質感もそれなりなのでこれはお買い得かと早速取り付けてみたところ…
付けた瞬間に表革がポロポロと取れて新品なのに取り替え前と同じ状態に。

安いにはそれなりに理由があるのね、アイヤー失敗したアルヨと学んだ中年男性であった*1

非純正のイヤーパッド(その2)

前回の失敗から半年が経過し、今度は慎重に調べた所、以下がヒット。

YAXI official - YAXI earpad|ヤクシーイヤーパッド

各種ヘッドホン用のイヤーパッドを販売しており、国内楽器店でも多数取扱実績もあり安心できそう。ただ、若干値がはるのでどうしようかなと悩んだ末にポチった。

f:id:osa030:20170206202447j:plain
f:id:osa030:20170206202452j:plain

パッケージは簡素だけれども色んなヘッドホンで試しているところは安心できる。
MDR-1RBTMK2とは記載がありませんが*2

中のスポンジは低反発を使用する事で長時間使用時の耳への負担を軽減させ、また低反発ウレタンは高密度素材を採用しているので音漏れを減少させます。
構造の特徴として限りなく薄い0.06mmのメッシュを採用しみみからドライバーユニットの距離を保設計で音全体の空気感を集めて見通しが良いクリアな音を貴方の耳に届けます。スタジオヘッドホンは着けたり外したりを頻繁に行うためいや^パッドの消耗が早いですが、YAXIのパッドは外部摩擦に強いプロテインレザーを全体的にしようしているので消耗にも強いです。多くの機種が一定の大きさのパッドを使用している点に着目し、様々なヘッドホンで多々試行を繰り返し、素材やパッド全体の構造を吟味して開発しました。レコーディング用としては勿論、外出先でのリスニングやDJモニター用と多方面で活躍出来るステップアップイヤーパッドとなっております。

stPad for Studio Headphone DX - YAXI earpad|ヤクシーイヤーパッド

f:id:osa030:20170206202459j:plain

高密度素材の低反発ウレタン。

f:id:osa030:20170206202504j:plain

0.06mmのメッシュ。

f:id:osa030:20170206202509j:plain

赤と青のラインがイカス。

純正と比較してみる

交換の際に純正イヤーパッドを外したので比較。

f:id:osa030:20170206202515j:plain

純正イヤーパッドはヘタレているのもあるが少し大きい。

f:id:osa030:20170206202522j:plain

メッシュも純正のほうが薄い。

f:id:osa030:20170206202528j:plain

厚みも結構違う。

こうして比較してみると純正よりも小ぶりなのだが果たして取り付けられるのであろうか…。

取り付けてみた

実際に取り付けてみた所、非常に簡単に付けられた。確かに純正よりは多少小さめなので苦労はしたのだが、前回失敗したものよりも簡単に取り付けが行えた上に、赤をR側にしたかったのに間違ってL側に取り付けたので一度付け直しもしているのだが、表革が破れてポロポロとれることも無く取り付けられた。

f:id:osa030:20170206202535j:plain
f:id:osa030:20170206202539j:plain
f:id:osa030:20170206202545j:plain

肝心の装着具合であるが、今迄の純正イヤーパッドがヘタリ過ぎていたせいかつけ心地はタイトに感じる。かといって、長時間付けていると痛くなるようなレベルではなく、適度な反発感で圧を逃しつつも密閉されている安心感が得られるのでムフフな音声でも音漏れはなさそうである。
なお、音質については当然純正とは形や素材が異なるので変化していると思われるが別に悪くなったとかそういう感じはしない、というかあんまり気にしてない。Bluetoothで聴く為のヘッドホンだし。

カラー展開は全部で4パターンと、まるでNintendo Switchのようであるがお好きなカラーでヘッドホンをカスタマイズするのもまた一興である。

*1:速攻ゴミ箱に捨てられた

*2:勿論、購入前にレビューやブログ記事で取り付け実績があるのは購入前に確認済みである

スポンサーリンク