初老のボケ防止日記

おっさんのひとりごとだから気にしないようにな。

スポンサーリンク

ロッキーのススメ



デッ!デッデッデッ!デッデッデッ!デッデッデーーーーン!
(アイ・オブ・ザ・タイガー)

今年のGWは9連休にも関わらず特に予定もないので自宅で映画三昧をしていました。で、何を見たのかというと「ロッキー」。しかもシリーズ全作です。いやぁ、泣けたッス。マジ泣けたッス。え?
「ロッキーって何?」
これだから今時の若者は…と思ったけれども、20世紀の映画だし実際そう言う人達が増えていても仕方ない。うちの子供達だってロッキーのテーマは何処かで耳にしたことはあるけれども実際に見たことはない訳だし。ということで、せっかく何時間もかけてロッキーシリーズを一気見したので、まだ見たことない人達や昔途中まで見たけど内容を忘れてしまった人達、途中までしか見ていない人達にも、この名作を見て感動して頂きたい、そんな熱い想いを込めて雑に紹介したいと思います。

ロッキー

シルベスター・スタローンが脚本・主演したボクシングを題材にしたアメリカ映画。有名なセリフは
エイドリアーン!
内容的には、主人公ロッキーがヒロインであるエイドリアンや仲間に支えられながら強敵に立ち向かい、勝利を掴み取るというサクセス・ストーリーの王道なのであるが、そのシンプルさ故に胸が熱くなり、見終わると何故か無性に筋トレをしたくなる作品。全6作品でシリーズは完結したにもかかわらず、後にスピンオフ作品も製作されたほどの超人気シリーズ。

なお、テーマ曲は今でも学校の運動会やTV番組で使われることも多く、映画を見たことがない人でも一度は耳にしたことがあるはず。

www.youtube.com

以降、シリーズ全6作とスピンオフ1作について一気見した後の勢いで雑に紹介していく。

シリーズ

ロッキー(Rocky:1976)

ロッキー (字幕版)

ロッキー (字幕版)

あらすじ

ごろつきの三流ボクサーが、ひょんなことから世界チャンピオンのアフロの対戦相手に選ばれるアメリカンドリームなお話。

コメント

スタローン演じる、不器用で頭も弱いが心優しい主人公にビッグチャンスが訪れた瞬間に今迄冷たかった周りの人間から手のひらを返されたりする意外にシビアな話なのであるが、この時点はまだピュアなエイドリアンのおかげで素朴な人間ドラマに感じられる作品。

ロッキー2(Rocky II:1979)

ロッキー2 (字幕版)

ロッキー2 (字幕版)

あらすじ

一躍人気者となったものの、調子に乗りすぎて人生の頂点から転がり落ちて金欠になった主人公と、結果的に下手こいたアフロの人が互いの大事な物の為に再び拳を交える話。

コメント

前作に引き続き、不器用で頭も弱いが心優しい主人公のダメさ加減をに加えて、ストーリーが進むにつれて変化するヒロインの内面も楽しめる素敵な作品。
ここまでの2作が人間的なロッキーを楽しめる作品。

ロッキー3(Rocky III:1982)

ロッキー3 (字幕版)

ロッキー3 (字幕版)

あらすじ

富と名声を手に入れたら何故か知性も身についてしまった主人公が、モヒカンゴリラとの戦いを通じて本当の強さを取り戻す話。

コメント

流石に毎回同じ展開では飽きると考えたのか、少年ジャンプの漫画的な展開に路線変更した作品。その為、過去2作程の中身はないのだがその分何も考えずに楽しめる作品。
本作と次作はヒーロー的なロッキーを楽しめる作品。

ロッキー4/炎の友情(Rocky IV:1985)

ロッキー4 (字幕版)

ロッキー4 (字幕版)

あらすじ

史上最強の人間サイボーグに対して真っ向勝負を挑んでUSA!USA!となる作品。

コメント

制作当時の政治的背景が色濃く反映されたストーリーと、当時流行していたMTV的な映像もあって頭をスッカラカンにして楽しめる娯楽作品。自分が初めて見たロッキーシリーズであり、サントラも含めて当時はシリーズの中で一番好きだった作品である。

ロッキー5/最後のドラマ(Rocky V:1990)

ロッキー5 (字幕版)

ロッキー5 (字幕版)

あらすじ

史上最強の敵との死闘で知能が初期状態に戻った主人公が、"家族とは何か"をテーマにダメさ加減をさらけ出す作品。

コメント

当時、シリーズ完結作として公開されたが、あまりの内容の酷さになかったことにされた作品。実際に自分も上映当時見た時は「こんなのロッキーじゃない!(怒)」と憤りその後のロッキーシリーズを見なくなったのだが、この歳になって改めてシリーズ通して見直してみると実はコレはコレで悪くないのではないかと思えたがやはり如何せんストーリーがアレなので
闇に葬って正解。

ロッキー・ザ・ファイナル(Rocky Balboa:2006)

あらすじ

前作をなかったことにして、王道展開で有終の美を飾る作品。

コメント

前作でロッキーシリーズを見限ったので、今回初めて見たのだがコレは
最高じゃねえか。
人間的ロッキーファンもヒーロー的ロッキーファンのどちらも納得の行く作品。過去のシリーズが随所に絡んでくるのでシリーズを通してから見るとさらに楽しめる。

スピンオフ

クリード チャンプを継ぐ男(Creed:2015)

あらすじ

ロッキーシリーズのアフロの息子を主人公として、トレーナーのロッキーと共に支え合う作品。

コメント

主役がロッキーじゃないだけで紛れもなくロッキーシリーズと呼べるストーリー展開。往年のロッキーファンからするとやはりロッキーが主役に見えてしまうものの、充分に楽しめる作品。

オススメの視聴フロー

今回、ロッキー全作品を一気見した経験から、以下の順で見ることをオススメします。

f:id:osa030:20170514150037p:plain

ようは、
第5作以外を全部順番に見ろ。
という話なのである。勿論、時間に余裕があれば第5作を見てもよいのだが、第6作以降とのストーリー上の繋がりがゼロないので見なくても何ら問題はない。第2~4作は、開始直後に前回のラストシーンが挿入されているので単品で見てもストーリー上問題はないのだが、第6作とスピンオフは過去シリーズのオマージュが随所に散りばめられているので最初から見ておくほうが楽しめる。

さて、実はこのシリーズ6作とスピンオフ作品は全てAmazonプライムビデオで見ることができるのです(2017/5/13時点)。

オンデマンドならいつでもどこでも好きな所で視聴できるので、Amazonプライム会員の人は機会があれば是非共見て頂きたい。

ロッキー ブルーレイコレクション(6枚組) [Blu-ray]

ロッキー ブルーレイコレクション(6枚組) [Blu-ray]

ザ・ベスト・オブ・ロッキー「ロッキー・ザ・ファイナル」サウンドトラック

ザ・ベスト・オブ・ロッキー「ロッキー・ザ・ファイナル」サウンドトラック

  • アーティスト: サントラ,ロバート・テッパー,ジョン・キャファティー,スリー・6・マフィア,ナタリー・ワイルド,ディエッタ・リトル,サバイバー,ジェームス・ブラウン,ネルソン・ピグフォード,ビル・コンティ
  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2007/04/04
  • メディア: CD
  • 購入: 3人 クリック: 15回
  • この商品を含むブログ (33件) を見る

スポンサーリンク