初老のボケ防止日記

おっさんのひとりごとだから気にしないようにな。

スポンサーリンク

「セブンプレミアム 一風堂 とんこつまぜそば」を食べた



ご無沙汰の「食べた」シリーズ。

ここ最近、別の目的で毎日セブンイレブンを覗きに行っていたらちょいちょい目にしていたコレ。

f:id:osa030:20170603141458j:plain

「セブンプレミアム10周年ANNIVERSARY」?

2007年5月、「セブンプレミアム」はセブン&アイグループの共通PBとして誕生しました。
(中略)それまで、PBとは人気のナショナルブランド(NB)商品と似た内容で、かつ価格が断然安い商品のこと。一般的にはそのように考えられていました。ところが「セブンプレミアム」は、おいしさ、安全・安心などの面で独自の高いクオリティを生み出し、しかも価格競争力を持つ商品という考え方を、商品づくりの基本に据えていました。
(中略)「セブンプレミアム」は、そのクオリティの証しとしてあえて生産者(製造元)のメーカー名を商品に明記しました。この点も、販売者名だけを表示した従来のPBの常識を打ち破るものでした。それだけに、小売業の専門家などの間では、当初賛否両論が巻き起こりました。しかし、お客様からは「わかりやすい」「安心して買える」という支持の声をいただくことができました。

セブンプレミアム10周年 プライベートブランドを超えたクオリティブランドへ(2017年5月) | セブン&アイの挑戦 | 会社情報 | セブン&アイ・ホールディングス

そうか、もうそんなに経つんだな…。たしかに当時のPB製品は、劣化コピーの安かろう悪かろうというイメージしか無かったのだがそれに革命をもたらしたのがセブンプレミアムである。たしかに安くはないのであるがハズレもないということで我が家では結構重宝している。

そんなセブンプレミアム10周年記念に発売されたカップめんとは...

「セブンプレミアム 一風堂 とんこつまぜそば」は、話題の「汁なし麺」を「一風堂」らしく仕上げた一杯です。とんこつラーメンならではの固めに仕上げた細麺が濃厚な豚骨だれに絡み、黒香油の風味が食欲をかき立てます。

「セブンプレミアム 一風堂 とんこつまぜそば」「セブンプレミアム すみれ 唐玉味噌」(5月8日発売) | 日清食品グループ

作った

早速作る。

f:id:osa030:20170603143040j:plain
中身は4つも袋がありプレミアム感満載だ。

f:id:osa030:20170603143050j:plain
一風堂らしさ溢れる細麺。

かやくをあけてお湯を注いて待つこと3分。

f:id:osa030:20170603143129j:plain
液体だれを全体に絡ませて

f:id:osa030:20170603143136j:plain
調味オイルとふりかけをまぜるて完成。

食べた

実食。

f:id:osa030:20170603143145j:plain

濃厚。

まさに「THE・とんこつ」というクリィミーかつパンチの効いた味である。まぜそばには珍しい細麺にもマッチするように濃い味になっているが、特製オイルである、ニンニクをじっくりとローストした「特製黒香油」がアクセントとなっている。細麺故に歯応えは少なめながら、具材であるキクラゲやネギの食感もあり食感も楽しめる逸品であるが、とんこつラーメンをまぜそばにしただけあって、最後まで完食するには


若さが必要。

歳は取りたくないものである。

スポンサーリンク