初老のボケ防止日記

おっさんのひとりごとだから気にしないようにな。

スポンサーリンク

聴覚測定アプリで音質を最適化する次世代ヘッドフォンアンプ「AUMEO AUDIO」を支援した



オラ、久しぶりにワクワクしたぞ~。
いつものようにTwitterをチェックしていたら以下の製品を見つけた。

www.makuake.com

無料の専用スマートフォンアプリで左右の聴覚測定を行い、8種類の周波数をそれぞれ自分が聞きやすいと感じる音量に調整したオーディオ・プロファイルを作成。あとはお手持ちのヘッドフォンやイヤホンに「AUMEO AUDIO」をつなぐだけで、あなたの聴覚にマッチしたクリアなサウンドを、いつでもどこでも楽しめます。気軽に持ち運べるポケットサイズ!

一人ひとりの聴覚に合わせて音質を最適化できるヘッドフォン・アンプ「AUMEO AUDIO」。かつて聞いたことがないクリアな音の世界を、ぜひあなたの耳で確かめてみませんか?

聴覚測定アプリで音質を最適化!次世代ヘッドフォンアンプ「AUMEO AUDIO」 | クラウドファンディング - Makuake(マクアケ)

これは…

「HTC Uソニック・ハイレゾ」と同じではないか。
osa030.hatenablog.com

厳密に言えば異なるのだけれども、個々の耳の状況を測定して補正するというアプローチは同じ。

これがどれ程の効果があるのかは実際に体験した人じゃないとわかりにくいのであるが、詳しくはプロジェクト公式サイトと、その道のプロであるフジヤエービックさんのブログを読んでいただきたい。

www.fujiya-avic.jp

なお、ヘッドフォンアンプといいつつも入出力が3.5mmジャックなので直接DAPとデジタル接続したりバランス接続ヘッドフォンを使うことはできないのだけれども、逆にイコライザーとして手持ちの機器の途中に挟むことができれば恩恵は受けられそうである。実は自分もそれが目的で
嫁氏に内緒でポチった。

現在の自宅の音楽鑑賞環境は、以下のような決してスマートとは言えない構成である。

osa030.hatenablog.com

さらなる音質の向上を目指すには、現在構成している機器をもっとハイエンドな物へ買い替える必要があるのだが、金額的にお父さんには限界に近い、ていうかマジ無理。ところが、音質向上したいという欲は尽きないのである、沼怖い。そこで、USB-DACからバランス接続用ヘッドホンアンプまでのアナログ経路上に「AUMEO AUDIO」を繋ぎ自分の耳と愛用ヘッドフォンに適した補正を行えば、既存構成機器を買い換えることなく音質向上ができるのではなかろうかと企んでおります。しかも今後、さらなる老化で耳の能力が低下しても再測定で状況に合わせて補正してくれるのもポイントが高い。
さて、果たしてその結果はどうなることやら。11月中旬の到着が楽しみである。

なお、既にAmazon等で並行輸入品は売ってるけどかなりの割高であるし、Bluetoothの技適が通ってないので注意しましょう。

スポンサーリンク