初老のボケ防止日記

おっさんのひとりごとだから気にしないようにな。

スポンサーリンク

私立高校の授業料支援ってどうなのよ



子供が大きくなり、高校受験が現実味を帯びてゆくにつれて「私立高校も学費が補助されるから公立高校とあんまり変わらないよ」という話を耳にする機会が増えてきたので調べてみたた。

私立高校の学費補助の仕組み

ざっくりいうと"国"と"都道府県"の2階建て構造。

都道府県の支援金
国の就学支援金

各都道府県の支援金については、名称が統一されていない。埼玉県の場合は「父母負担軽減事業補助金」と呼ばれる。

国の就学支援金

本制度の概要は以下の通り。

国公私立問わず、高等学校等に通う一定の収入額未満(市町村民税所得割額が30万4,200円(モデル世帯(注)で年収約910万円)未満)の世帯の生徒に対して、授業料に充てるため、国において、高等学校等就学支援金を支給します。
(注1)両親のうちどちらか一方が働き、高校生一人(16歳以上)、中学生一人の子供がいる世帯。

高校生等への修学支援:文部科学省

国公私立問わず、一定の条件を満たせば就学支援金を支給されるのだが、一定の条件とは
世帯の収入

所得要件

保護者等(注2)の市町村民税所得割額が30万4,200円(モデル世帯(注1)で年収約910万円)未満である方が対象です。
(注2)原則、親権者(両親がいる場合は2名の合算額で判断。)、親権者がいない場合は扶養義務のある未成年後見人、保護者がいない場合は主たる生計維持者又は生徒本人の市町村民税所得割額で判断。

子供の数や年齢により閾値は多少変動するものの、上記例では世帯年収が約910万円を超えると支給対象外となる。

都道府県の支援金

国の就学支援金の支給対象となっていれば、Wアップチャンス。都道府県からの支援金をもらえる可能性がある。といっても、こちらも一定の条件があり其の条件とは
世帯の収入

しかも各都道府県ごとに条件が異なる。

平成28年度の私立高校生(全日制)への各都道府県における支援制度の概略(PDF)

詳細は以下リンクから、各都道府県のページを参照して頂きたい。

高校生等奨学給付金のお問合せ先一覧:文部科学省

埼玉県の場合

さて、我が埼玉県の場合はどうであろうか
私立学校の父母負担軽減事業について - 埼玉県

なんと、世帯年収約609万円で打ち切りである。

パパンの1馬力では私立高校に通わせるのは正直しんどいからとママンと力をあわせて2馬力にしたら打ち切られたりしそうなやつです*1

そもそもが"全ての意志ある高校生が安心して勉学に打ち込める社会をつくるため"の制度であるので財源に限りがあるからには支給条件を設けることは仕方がないし、厳しい家庭状況の皆様が救済されることにはなんら不満はないのであるが、TVや人様の情報を鵜呑みにして貰えるつもりで楽観的に考えていると後々洒落にならないことになるので各自お住いの地域の情報を調べておきましょうって感じです、ハイ。
なお、収入に関わらず県外へ越境進学した場合は対象外となる可能性もあるので注意しておこう(埼玉県は対象外となる)。

頑張ってこうぜ、親。

首都圏私立中学・高校受験ガイド THE私立(平成30年度版)

首都圏私立中学・高校受験ガイド THE私立(平成30年度版)

子どもを持ったら知っておきたいお金の話

子どもを持ったら知っておきたいお金の話

子どもにかけるお金の本―この1冊で確実に準備! (Como子育てブックス)

子どもにかけるお金の本―この1冊で確実に準備! (Como子育てブックス)

*1:上記PDFを見るとわかるが、東京都、神奈川県でも世帯年収750万辺りがボーダーなので笑っている場合ではなかろう

スポンサーリンク