初老のボケ防止日記

おっさんのひとりごとだから気にしないようにな。

スポンサーリンク

iRobotのロボット掃除機「ルンバ(Roomba)」を使ってみた感想(2)



我が家に来てから早2週間以上経過したので正直な感想を書いてみる(その2)。

※本記事は「アイロボット ファンプログラム」の企画でモニターに参加しています。

我が家にホームステイしている「ルンバ960」の"ルンルン"。

osa030.hatenablog.com

前回は"素晴らしい"と思った点について書いてみた

osa030.hatenablog.com

今回は"惜しい"と思った点について。

ルンバのここが惜しい

「時間がかかる」

我が家は一般的なファミリー向けマンションであり広さも75平方m前後と一般的なものであるが、ルンバに掃除を任せた場合には
概ね40分前後。
家に誰も居ない時に掃除をしてもらう分にはなんら問題はなく、むしろ自分が掃除機をかける場合は15分前後であることから、かなり丁寧な仕事をしてくれているのでそれをdisるのはヒトとしてどうなのだろかと言われてもおかしくないのであるが、今は夏休み期間中であり家には子供達が居座り続けてしかも朝からHOTな訳で、さっさと掃除を終わりにして窓を閉めてエアコンをいれたいという人間のエゴから「今日はルンバさんじゃなくてオレに任せろ」と言う気持ちにさせてくれる。

「ルンバが掃除しやすいように配慮する必要がある」

ルンバは周囲のダンパーにモノがぶつかると障害物があると検知してその先は強引に侵入していかない。これはロボット掃除機として安全面を考えた当然の機能なのであるが、その場所は掃除されなくなってしまうので
ルンバで掃除する前に部屋を片す必要がある。
つまり"床にモノを置かない"だけの話であるが、ルンバは小回りが効かないのでギリギリの幅の隙間は侵入できない可能性が高い。我が家の場合、ダイニングテーブルの椅子の脚の間は物理的にはルンバは通れるはずなのであるが侵入角度がシビアなので高確率でダンパーとぶつかってしまいそのままでは椅子の下を掃除してもらえないのでテーブルの上に椅子をあげておく必要があった。

f:id:osa030:20170814102443j:plain
ルンバを起動する前に椅子をあげておく。

  • 椅子を下げたままのとき

f:id:osa030:20170814102756j:plain
椅子の下は入れない

  • 椅子を上げたとき

f:id:osa030:20170814102812j:plain
テーブルの脚以外は問題なし

それと、忘れがちなのがケーブル類である。床にむき出しのケーブルはルンバのダンパーに当たらないので乗り越えて吸い込んでしまう可能性がある。そのままルンバが移動をしてケーブル接続先の機器が落下する可能性もあるので、帰宅したら大惨事とならないように配慮しておくに越したことはない*1

「死角が存在する」

床には強いロボット掃除機もドアの後ろ等、動かす必要がある部分は掃除できない。個人的には、そういう埃が溜まりやすい部分こそ掃除をして欲しいところなのであるが
手がないから無理。
将来アーム付のロボット掃除機が発売されたら解消されるかもしれないが、値段を考えると恐ろしいのでそういう所は諦めて人間様が行うしかないのである。

f:id:osa030:20170814102508j:plain
扉の裏側は…まあ無理よね。

「ゴミ捨てが手間」

ルンバを毎日稼働させていると、3日程度で掃除する必要がでてくる。ルンバはゴミ捨てが簡単にできる構造にはなっているのだが、ゴミ捨ての時に
内部にゴミが残る。
一般的なサイクロン型掃除機は、ゴミが丸まって一塊になっているのでダストボックスからポイッと出てくるのだが、ルンバの集めたゴミは綿菓子のように広がっているので捨てる時に一部が引っかかり内部に残ってしまう。恐らくそのままでも使用上問題はないのであろうが、ゴミ捨てするなら全部ゴミは出したい。ということで、ルンバのゴミ捨てをする時に掃除機を使ってルンバのダストボックスを掃除してあげるというなんとも奇妙な作業が必要となる。


ということで、今回利用して感じたことは、ロボット掃除機は
大変便利だが完璧ではないということ。
今迄やっていた掃除を完全にロボット掃除機に置き換えることは難しいということを理解した上で、平日の掃除はロボット掃除機にやってもらい休日は人間がロボット掃除機が掃除できない部分をちゃんと掃除するという形で互いに補完し合えば今迄通りの掃除を実現することができるし、何より平日の家事の負担を減らせるのは共働き世帯にとってはかなり魅力的なことだと思う。

ルンバに興味はあるけれど価格的になかなか踏み出せないという人向けに、有料サービスではあるものの15日間レンタルサービスもあるようなので検討してみるのもよいのではないだろうか。

www.irobot-jp.com

*1:事務所で旧モデルのルンバを利用しているが過去に電源ケーブルやLANケーブルを呑み込まれて接続先のノートPCやHUBが机上から落下することがあった

スポンサーリンク