初老のボケ防止日記

おっさんのひとりごとだから気にしないようにな。

スポンサーリンク

SoftBank光の解約は難易度が高い



我が家では携帯電話回線と自宅のインターネット回線をセットで利用することで毎月の通信料を安くしている。携帯電話回線の乗り換えに伴い、現在利用しているインターネット回線も乗り換えることにしたのだが…。

携帯電話回線の契約は2年契約なので、自宅のインターネット回線も同じく2年契約にしている。契約時期が同じ場合、更新月も同じなので乗り換えの際に解約金が発生せず財布に優しい。

回線 変更前 変更後
携帯電話 Y!mobile au
自宅インターネット SoftBank光 auひかり

自宅のインターネット回線は今までは「SoftBank光」を利用しており、特に速度や品質に不満はなかった。ただ、携帯電話回線をauにしたのでセット割の「スマートバリュー」を適用する為だけの為に「auひかり」乗り換えた。

自宅インターネット回線切替計画

「SoftBank光」から8月に届いた葉書「契約期間の自動更新に関するお知らせ」には
f:id:osa030:20191001211728j:plain

解約手続きの完了には、ご連絡いただいた翌営業日を一日目として6営業日が必要になりますので、解約希望日の2週間前を目安にご連絡ください

と、親切な案内が記載されている。

我が家はNTTで加入した固定電話の電話番号を「SoftBank光」の"光電話(N)"で利用している。「auひかり」で同じ電話番号を引き続き利用するには、「auひかり」の開通工事後に「SoftBank光」を解約をする必要がある。過去の経験上、開通工事日に番号引継は完了するので基本的には翌日以降に解約すれば問題はないはずだ。

今回「auひかり」の開通工事が9月20日に決定したので、「SoftBank光」の解約は月末の9月30日にすることにした。月末にした理由は、解約月の利用料金は日割りにならないのと、万が一電話番号引き継ぎがスムーズにいかなかった場合でもこれだけ期間に余裕を持てば更新月内での解約はできるであろうという算段である。解約の申し出は、6営業日前迄なので最悪9月19日に連絡すれば計画通り解約できるはず。
f:id:osa030:20191002213214p:plain
が、相手はあのソフトバンクである。葉書で2週間余裕を見ろと言うのは親切心ではなく警告に違いないのだ。ということで、更に先読みして解約希望日の3週間以上前の9月5日に電話をした。

解約申し込み

そもそも、解約を電話でしか受け付けないというところからしていかにもソフトバンクな感じであるが、営業終了時間直前に電話したせいもあってか中々繋がらない。通常この時点でイライラするのであるが、なんとソフトバンクなのにナビダイヤルではなく通話料無料なので気長に待つことにした。15分位してようやくオペレータに繋がったのでオペレータの案内に従って、以下の点を伝える。

  • 今月が更新月である
  • 9月30日で解約したい
  • 移転先は「auひかり」である
  • 現在"光電話(N)"で利用している電話番号は「auひかり」に引き継ぎたい
  • 「auひかり」の工事は9月20日だ

途中、お決まりの引き留めトークが入ったが丁寧にお断りを伝え、後は手続きを待つだけと思っていたらオペレータの口から想定外の説明が次々と出てきた。

  1. 解約を受け付けた時点で"光電話(N)"の解約処理をするので、電話番号の引き継ぎ完了前に解約を受け付けてしまうと現在利用している電話番号が移転先で使えなくなります。
  2. ですので、引き継ぎ完了後に再度解約の連絡をしてください。
  3. 引き継ぎ完了には、移転先の開通工事が終わってから3営業日必要です。
  4. この場合でも、解約手続きに6営業日が必要なのは変わりません。

https://media.giphy.com/media/UQPXwv9RJ7encjWmQJ/giphy.gif

オペレータの説明を整理するとこうなる。
f:id:osa030:20191002213342p:plain

全く意味がわからないので詳しい説明を求めたところ、"開通工事完了後3営業日空けないと解約できない"のも"解約を受け付けた時点で"光電話(N)"の解約処理をする"のも全ては"光電話(N)"*1だからなのだそうだ。つまり、加入・解約の手続きは連携先のNTTに依存するのでソフトバンクでもどうすることもできないとのことなのだそうだ。…って待ってください。

これ…更新月の9月中に解約できなくないですか?

と念の為オペレータに確認したところ

"はい、そのようになってしまいます…。"

https://media.giphy.com/media/xUOxf4HNCpjqtS5u3S/giphy.gif

あまりの驚きに言葉をなくしたこともあり、オペレータさんが

"移転先の事業者で契約解除料を補填してくれる制度もありますし…"

と、こちらの財布の負担を軽くするつもりで発した一言で火がついた。

https://media.giphy.com/media/D1tqdCzgWFs64/giphy.gif

といっても怒りをアウトソーシング先のコールセンターのオペレータにぶつけたところで何も解決しない。ちゃんとした説明ができる社員に変わってくれと頼んだが、時間も時間なので不在とのこと。仕方がないので翌日折返しを依頼し電話を切る。

一方的な説明で少々混乱してしまったが、そもそもこのような説明は「契約期間の自動更新に関するお知らせ」には一切書かれていない。いや、これは奴らソフトバンクの常套手段であり、きっとHPのどこかにコッソリと注意書きがあってそれを盾に包囲網を固めて我々から金を毟り取るに違いない…。

https://media.giphy.com/media/xUA7b7pLM4w1edn0yI/giphy.gif

ここは一旦落ち着いて、情報収集することに。

情報収集

情報収集といっても、公式サイトの情報以外は信用ならないので公式サイトをくまなく探すことにした。

「重要事項説明書」

「SoftBank 光 重要事項詳細」(2019年7月版)には"他社電話サービスへの切り替え完了後に、当社サポートセンターまで解約のご連絡をください"とはっきり記載があるが、自分が契約した時に代理店から配布された2017年7月版の重要事項説明書にはその説明は記載されていない。重要事項説明書って契約時に説明する内容だよね?

「会員規約」

「SoftBank 光 会員規約」の「第 7 章 契約の解除 」第28条 (会員が行う契約の解約)が該当部分なのだが、 4項で"番号ポータビリティに係る工事が完了する日まで、本サービスの利用契約を解約できない"との記載があるものの、同条1項で"解約"と"解約の申し入れ"と用語を明確に区別して使用しているので、4項を盾に"番号ポータビリティに係る工事が完了する日まで、本サービスの利用契約の解約の申し入れをすることができない"とするのはちょっと無理筋では?

「よくある質問(FAQ)」

"NTTの加入権をお持ちの電話番号をご利用中の場合は、他社への番号ポータビリティ手続き完了後、3営業日以降に「SoftBank光」の解約ができる"と書いてあるのだが、"解約ができる"という表現って"解約の申し入れ"なのか"解約する"なのかどっちでもとれませんか。会員規約では明確に区別してたのに何故なんでしょう?あと、いきなり3営業日とか出てきたけどこちらは重要事項説明書にも会員規約にも書いてないので完全に後付っぽいですよね?

と言うことで、戦えそうなネタは準備できた。

解約申し込み(再)

翌日、折返しを待たずに朝イチでこちらから再度連絡を入れる。繋がったオペレータに昨日の要件を伝えたところ、驚いたことにソフトバンクでも問い合わせ履歴はちゃんと残しているようでスムーズに話は進んだのだが、やはり説明は”NTT側の都合”というニュアンスで変わらない。こうなったのは全てNTTのせいで我々ソフトバンクはそんなこと望んでいないのです、と。
拉致があかないので「自分の場合、工事完了後3営業日以降を解約日として希望しており、解約の申し入れも解約希望日の6営業日以前にやっている。"解約申し入れを工事完了後にしなければならない"というのは手元にある重要事項説明書にも御社HPで公開されている最新の会員規約にも明記がない。つまり、御社都合であって、それを強要するのは法的にどうなのか?」と落ち着いたトーンで話したところ、上席に確認すると保留された後、

今回は特別に月末解約で処理させて頂きます。

との回答を得た。

https://media.giphy.com/media/UWEcHpY9k3rxe/giphy.gif

ただ、やはりシステム上は解約申し入れ時に処理をする手順らしく、工事完了後の9月23日に再度解約申し入れをして欲しいとのこと。一体いつになったら解約させてもらえるんだろうか。

解約申し込み(再々)

約束の23日。ソフトバンクとの長きに渡る闘いがついに終わる…。しかし、まだ油断してはならない。なんせ相手はあのソフトバンクだ。いきなり前回の話を「聞いてません」とか抜かさない保証はないのだ。
本日も朝イチで連絡を入れる。「今回で3度目の電話なのだが、過去の経緯が残ってると思うので履歴みてもらえますか?」と確認してもらったところ

電話番号の引き継ぎも完了しておりますので、前回のお約束通りに月末解約で処理させて頂きます。

とのこと。

https://media.giphy.com/media/gsYKROakiJQPu/giphy.gif

契約満了月であれば本来不要である契約解除料を電話番号を人質にしてとろうとしたり、何度も解約の申込みを繋がりにくい電話でさせたり、SoftBank光からレンタルしていたBBユニットの返却の送料が元払いだったり、届いた時の箱に入れて返却しようとすると80サイズなので送料が結構するとか最後の最後までソフトバンクの嫌がらせを受け続けたが、もう今後はこのような酷い仕打ちを受けることはないだろう。

f:id:osa030:20191002224555p:plain

余談であるが、「auひかり」は申込みから開通工事までは2,3週間かかるらしい(今回は9月1日申込みで18日以降との案内であった)。つまり、オペレータの案内通りに開通工事完了から3営業日空けて解約申し入れしたら更新月に解約できる奴なんて殆どいないのである。

*1:「SoftBank光」はNTTの光コラボレーションサービスであり、"光電話(N)"名前から推測できるように実体はNTTのひかり電話サービスである。

スポンサーリンク