初老のボケ防止日記

おっさんのひとりごとだから気にしないようにな。

スポンサーリンク

楽天モバイル「Rakuten Mini」の初期設定をした。



はじめてのeSIM。

先日、勢いで契約した楽天モバイル。
osa030.hatenablog.com

申込み当初のお届け予定日から2日遅れで到着した。

開封の儀

f:id:osa030:20200602205622j:plain
箱の中身一式。

  1. 「Rakuten Mini」本体
  2. 「START GUIDE(eSIM版)」
  3. 「初期設定方法のご案内"Rakuten Mini"」
  4. 「スマホ下取りサービス(チラシ)」

「Rakuten Mini」本体

f:id:osa030:20200602205631j:plain
綺麗な箱してんだろ…。

f:id:osa030:20200602205640j:plain
パッカーン。

f:id:osa030:20200602205649j:plain
中身は以下。

  • Rakuten Mini本体
  • ACアダプター
  • ユーザガイド(保証書)
  • USB Type-C ケーブル
  • USB Type-C-3.5mm イヤホン変換アダプター

f:id:osa030:20200602205659j:plain
1円とは思えない高級感。

開通の儀

普通であればスマホにSIMカードを入れるだけで開通完了だが、今回は「eSIM」。物理的なカードが存在しないので同梱もされて来ていない。
eSIMとは | sim | 楽天モバイル

そんな訳で、同梱されたマニュアルに従って開通する必要がある。

STEP1

まずは、「初期設定方法のご案内"Rakuten Mini"」の手順に従う。
f:id:osa030:20200602205719j:plain

以下、実際にマニュアル通りにやった時に記載内容と微妙に異なった部分や環境次第で異なる部分。

  • 「2. WiFi接続」

接続先のAPが非公開になっている場合、リストの一覧に表示されないので自分でSSIDを入力してやる必要がある。そもそも非公開でAP使ってる人なら普通の話なのだが、更にはAndroid9以降は詳細設定を変更してあげないと繋がらない。詳細は、以下HPの手順6以降を参照。
AndroidスマホでWi-Fiルーターに接続できません/ANY接続を許可しない設定にしたWi-Fiルーターに接続できません | バッファロー

  • 「9. アプリの許可」

f:id:osa030:20200602211723p:plain
許可をした後に「位置情報提供協力のお願い」が表示されるので「同意する」をタップ。拒否できたか覚えてない…。

  • 「10. アプリ更新」

f:id:osa030:20200602211728p:plain
マニュアルと画面は違うが言ってることは同じなので「更新する」をタップ。たしか11以降の手順は同じだったはず。ともかく、Google Play経由で「my楽天モバイル」をアップデートしてやる。なお、この他にもアップデートするプリインアプリが山程いるので気長に待とう。

STEP2

アップデートが完了したら今度は「START GUIDE(eSIM版)」のSTEP2に従う。
f:id:osa030:20200602205710j:plain

同様に、実際にマニュアルと異なった部分。

  • ③Googleレンズを起動

f:id:osa030:20200602212453p:plain
”OK”をタップ。

f:id:osa030:20200602212459p:plain
"許可"をタップ

※でさらっと書いてあったが一応。

  • ④本誌裏面のQRコードにかざす

f:id:osa030:20200602212506p:plain
URLタップ後に「アプリを開く」で”my 楽天モバイル”を選択。"1回"でも"常時"でも好きな方で。

f:id:osa030:20200602212511p:plain
と、ここで突然の「期限切れのQRコードです」と言う想定外の表示…。

発送予定と実際に届いた日が違ったので期限が切れてしまったのだろうか…。他に選択肢がないのでとりあえず「MY楽天モバイル」を開くを選んだら普通に進めた。

STEP4

自分の場合、「新しい電話番号」で申込みしたのでSTEP4へ。

  • ①手続きボタンをタップ

f:id:osa030:20200602213315p:plain
タップ後に表示されるダイヤログが違うが”OK”をタップ。UN-LIMITの次回請求額が気になる。

f:id:osa030:20200602213912p:plain
グルグル…1分程放置(UN-LIMITの次回請求額が…)。


f:id:osa030:20200602213330p:plain
画面上部に「開通手続きが完了しました」と表示され、アンテナ表示も変化した(UN-LIMITの次回請求額は変化しないのに)。

f:id:osa030:20200602213334p:plain
設定からネットワーク情報を表示してみたところ。ネットワークが「Rakuten」と表示されている。

ここまで終われば、Wi-FiをOFFにしても問題なく通信できるはずだ。

「Rakuten Link」の初期設定

さて、eSIMの開通手続きが終わったからと油断してはいけない。「Rakuten Link」の初期設定を完了しないと国内通話/SMSも従量課金のままだし何より楽天ポイント貰えるキャンペーンが適用されない

  • ①Rakuten Link起動

f:id:osa030:20200602215936p:plain
”はじめない”と何もはじまらないのでタップ。

f:id:osa030:20200602215939p:plain
どっちでもいけそうだけど”承認”でタップ。

f:id:osa030:20200602215944p:plain
こちらもどっちでもいけそうだが”承認”をタップ。

f:id:osa030:20200602215951p:plain
沢山”許可”する(6個)。

f:id:osa030:20200602215955p:plain
”送信”をタップすると端末宛にSMSが飛んできて自動的にコード認証される。

後は名前等を設定して、他の端末との通話やSMSを試してみよう。

今「UN-LIMIT」なのかを確認する方法

楽天モバイルは、場所によって「楽天回線エリア」か「パートナー回線エリア」のどちらかに繋がる。UN-LINITで使いたい放題なのは「楽天回線エリア」に繋がっている時だけで、「パートナー回線エリア」であるauに繋がっている場合は、1ヶ月で利用可能なデータ容量は5GB迄(超過後は最大1Mbpsで使い放題)という制約がある。

通信・エリア | 楽天モバイル

そんな訳で、今どっちに繋がっているのかを把握するのは割と大事なのだがとりあえず「my 楽天モバイル」で確認することができる。

f:id:osa030:20200602214118p:plain
画面上部で「楽天回線エリア」と表示されていれば無敵UN-LIMIT状態だ。ただ、いつ画面の表示が更新されるのかはよくわかってないので正直あまり信用しすぎるのも怖い。こまめにアプリを立ち上げ直してチェックするか何か他の方法がないか調べてみましょう。

スポンサーリンク