初老のボケ防止日記

おっさんのひとりごとだから気にしないようにな。

スポンサーリンク

冷蔵庫を買い替えた。



我が家の冷蔵庫が、購入店舗の長期保証が切れた後に
調子が悪くなってきたので、買い換えることに。

白物家電である冷蔵庫も、流石に十年も経つと色々と変わっていた。一番驚いたのが、冷凍室が真ん中で野菜室が最下段の冷蔵庫が多いことだ。店員さんによると"現代人のライフスタイルに合わせた"結果らしいのだが、実のところ"省エネ目標値を達成する為に"メーカーが工夫した結果らしい。つまり、野菜室を真ん中にしたままで省エネ目標値を達成しようとすると色々とコストがかかってしまうので、冷凍庫を真ん中にすることでコストをかけずに実現したということらしいのだ。

なぜ「野菜室まんなか冷蔵庫」が減ったのか - 週刊アスキー
復活しつつある真ん中野菜室の冷蔵庫 - 現役家電店員が教える失敗しない家電の買い方

妻的には”野菜室が真ん中以外の冷蔵庫なんてありえない”ということなので、買い替え候補が必然定期に絞られてしまった。2019年11月時点で野菜室が真ん中の冷蔵庫を出していたのは以下のメーカーだけだ*1


東芝は今まで使っていた冷蔵庫と同じメーカーであり、今まで2回修理した上に10年で壊れてしまったので却下。SHARPはレイアウト的には野菜室は真ん中なのだが、冷凍容量を重視しているようで野菜室の容量が他社と比べると小さい。そんな訳で三菱しか選択肢が残らなかったのだが…

三社で一番高い。

だが、高いには理由があって

  • 日本製
  • 各庫独立構造
  • メンテナンス性がよい

と、他の二社との価格差が納得できる作りであったし、何よりも店員さんが頑張って値引きしてくれたこともあり即決。そんなわけで妻的には

切れちゃう冷凍?別に…。

という感じだったのだが、せっかくついているので三菱の目玉機能なので活用して頂きたい。

*1:日立は冷凍室と野菜室入れ替えという変態仕様を出してきたがここでは除外

スポンサーリンク