初老のボケ防止日記

おっさんのひとりごとだから気にしないようにな。

スポンサーリンク

令和な時代に80年代を満喫できる「ザ・リーサルウェポンズ」



普段から洋楽を聴いているせいか、流行りの邦楽には疎い。そうは言っても、「Official髭男dism」や「King Gnu」、「あいみょん」ことあいだみょんみさんや「ライス」こと米津玄師氏は曲名はわからないけど曲を聴けば分かる程度に知っている。

先日「打首獄門同好会」と言うバンドをMステではじめて知った。バンド名から激し目なサウンドであろうとは想像できたが、そこに日常生活のほのぼの歌詞を載せてくるというスタイルは斬新で、なんとなく往年の「筋肉少女帯」を彷彿とさせる部分もありすぐにお気に入りになってしまった。そんな訳で、似たような路線で現在活動中のミュージシャンが他にいないかと色々と探してみた結果、偶然にも「ザ・リーサルウェポンズ」という謎の2人組ロックユニットを発見してしまった。実のところ、既に昨年のネットニュースで話題になっていたらしいのだが、正直

まったく存じ上げませんでした。

知らない人向けに説明すると、「ザ・リーサルウェポンズ(ポンズ)」はアメリカ人のボーカル”サイボーグジョー”と日本人のギター・キーボードの”アイキッド”の2人で構成されるロックユニットで、80年代~90年代に流行った洋楽っぽい曲調に日常感溢れるコミカルな歌詞を載せた曲が特徴だ。

結成のきっかけは、アイキッド氏のインタビューによると

僕が近所の古本屋さんと飲んでる時に「お店のオリジナルソングを作ってくれ」と言われたので詞と曲とPVを作ったのですが、その時ボーカルをやってくれた近所のアメリカ人の友達・ジョーがとんでもないカリスマ性を発揮したので、彼が日本語をある程度話せるようになるのを待って1年後にスカウトしました。

ザ・リーサルウェポンズ インタビュー | ファニーかつハイクオリティな80年代サウンドで話題沸騰中の日米バンドの音楽的ルーツに迫る【Who’s NXT】|THE MAGAZINE

という、バンドあるあるな偶然の出会いで始まったようだ。さて、そのときのお店のオリジナルソングというのがこの曲だ。

  • 『都立家政のブックマート』

www.youtube.com


イントロからして80年代ロックファンにはたまらない。そこにわかりやすいキャッチーな歌詞。さらにはノリノリで日本語で歌う謎のサングラスの外国人。なるほど、

結成前から完成してるではないか。

それもその筈。ポンズの楽曲は全て先生ことアイキッド氏が作詞作曲編曲まで行っており、MVを撮る事を念頭に置きながら作っているとのこと。アイキッド氏の計算された楽曲を謎のアメリカ人ボーカルのジョーが空気を読まずにノリノリで歌い上げるのが彼らザ・リーサルウェポンズのスタイルなのだ。

そして、ネットで話題となった曲がコチラ。

  • 『昇龍拳が出ない』

www.youtube.com


冒頭の歌詞からして

昇龍拳が出ない
昇龍拳が出ない
→↓↘(✗)
I can't do it Impossible

と曲のタイトル通り、一世を風靡したカプコンの格闘ゲーム「ストリートファイターⅡ(ストⅡ)」をプレイした人の心に響く内容なのであるが、実は曲自体もゲームのBGM『ケンのテーマ』を基にしたもの。

  • 『STREET FIGHTER2 KEN STAGE MUSIC』

www.youtube.com

因みに、公開当時の話を知らないのだが、曲を作ったアイキッド氏のツイートによると、

とネタ動画だったらしいのだが、あまりの完成度の高さに正式なリリースとなったらしい(当時の動画は一度削除され歌詞を一部変更した正式版が上の動画)。

さて、彼らの魅力が一番伝わるのはこの曲であろう。

  • 『80年代アクションスター』

www.youtube.com

歌詞の内容は

80年代のアクションスターを歌っただけ。

なのだが、コレがまた当時を知っている人間からするとアツいのだ。シルベスター・スタローン、アーノルド・シュワルツネッガー、ブルース・ウィリスといったメジャーどころは勿論のこと、ドルフ・ラングレンやジャン・クロード・ヴァンダム、ミスター・Tまで出てくる。さらには”コブラに噛まれ、5日間苦しんだ末、コブラが死んだ”と云われている伝説の

チャック・ノリス。

もうこれだけでお腹いっぱいであるが、この曲の凄いところはコールだ。

アニキ! アニキ! アニキ!

エイドリアン! エイドリアン! エイドリアン!

アイルビーバック! アイルビーバック! アイルビーバック!

メルギブソン! メルギブソン! メルギブソン!

レンジャー! レンジャー! レンジャー!

こんなんライブ盛り上がるに決まっとるじゃないですか…

  • 『80年代アクションスター Live at LIQUIDROOM』

www.youtube.com


他にも、子供向け番組で流れても問題なさそうな曲にバリバリ放送NGな歌詞を載せた

  • 『きみはマザー・フ○ッカー』

www.youtube.com

「スクール☆ウォーズ」を彷彿とさせる

  • 『熱血ティーチャー』

www.youtube.com

ホッピー好きにはたまらない

  • 『ホッピーでハッピー』

www.youtube.com

などなど、ノリノリなナンバーだらけで捨て曲が一曲もないというクオリティにも驚きだ。アルバムの曲は全てMVがYoutbeで配信されているので、80年代の楽曲が大好きだった残りの人生に不安を抱えた中高年の皆様には是非とも一度見てみて生きる気力をを取り戻して頂きたい。

日本で2人組ロックユニットと言えば、「B'z」か「黒夢」「KinKi Kids」辺りが有名どころだが、「ザ・リーサルウェポンズ」の2人もそう遠くないうちに連中に肩を並べるに違いない

気がする。

ということで、5月のライブが中止にならないことを祈りつつコールを練習しておきます。

Back To The 80's

Back To The 80's

E.P.

E.P.

スポンサーリンク