初老のボケ防止日記

おっさんのひとりごとだから気にしないようにな。

スポンサーリンク

浴室暖房乾燥機の故障かと思ったら違った



ある日、いつものように風呂を出た後に換気をしようとスイッチをONにしたら異音が。

嗚呼、ついにこの時がやってきたか。我が家ももうすぐ築15年。これまで給湯器やガスコンロを交換しており、次に故障するのはきっと浴室暖房乾燥機だろうとは思っていたけれども、年度末で色々と物入りなこの時期に壊れるとはちょっとは空気読んでほしかったぜ。

f:id:osa030:20180316182600j:plain
ヴィンテージ感あふれる浴室暖房乾燥機。

症状としては、浴室暖房乾燥機の換気スイッチを入れると換気はされるものの今まで聞いたことがないレベルの轟音が鳴り響く。我が家では入浴していない時はほぼ浴室換気をONにしているので流石にこれは近所迷惑である。ついでに乾燥のときも同様の症状なので雨が続くと洗濯物が乾燥できないので洒落にならない。ということで原因を解明して修理を依頼せねば。

故障箇所の特定

まずは説明書の「こんな症状の時は」的なページを見ようと浴室暖房乾燥機の説明書を出して眺めた所…

「中間ダクトファン接続タイプ」とかいう謎の文字が 

よくわからないのでググってみると、どうやら中間ダクトファン接続タイプの浴室暖房乾燥機には換気ファンがついておらず、浴室暖房乾燥機とは別に存在する"中間ダクトファン"とやらが換気機能を担っているようだ。たしかに、轟音が出ているのは浴室暖房乾燥機からではなく

f:id:osa030:20180316182627j:plain
この辺。開けられそうなので開けてみると...

f:id:osa030:20180316182640j:plain
発見。これが中間ダクトファンというモノらしい。

中間ダクトファンにつながっている排気パイプは4本。浴室暖房乾燥機以外にトイレと洗面所に換気口がついているので、この中間ダクトファンがそれら3つの換気扇として機能しているようだ。
試しにトイレの換気をONにすると中間ダクトファンから轟音が出たので今回の故障は中間ダクトファンで間違いないようだ。

工事業者を探す

故障箇所は特定できたので今度は業者選定だ。選定と言ったものの中間ダクトファンの工事はどこに頼めばいいのか見当がつかない。現在付いている中間ダクトファンのメーカーに頼むのが確実なのであるが、12年以上経過しているので修理ではなく交換だろう。過去の経験上、交換をメーカーに頼むよりも民間の業者に頼む方が安い。色々ググると中間ダクトファンの工事は電気工事屋さんが対応しているようだ。
そこで、自宅近郊の電気工事業者をネットで探し相談したところ「対応できる」とのことなのでそちらにお願いすることにした。

交換工事に来てもらう

工事当日、半休をとって待ち構えていると気の良さそうな業者さんがやってきた。しばらく時間がかかるとのなので別室で待機していたら「すいません…ウチの用意してる部品だと無理でした。」と。業者さんが持ってきた交換用の中間ダクトファンと元々付いている中間ダクトファンはメーカーが異なり、事前の相談ではそれでも交換できるという話だったのだが、どうも現行の配線の都合上手持ちの部品では対応できないらしい。ということでふりだしに戻った。

メーカーに問い合わせる

仕方がないので、現在付いている中間ダクトファンのメーカーに電話して症状を伝える。すると

部品交換で直ると思います。

え、12年経過してるのにマジで?念の為概算見積もりを聞くと交換よりも安い額であった。ならば頼まないことはないぜというか是非共お願いします。

修理に来てもらう

修理当日、再び半休をとって待ち構えているとこれまた気の良さそうな業者さんがやってきた。点検の結果モーターが経年劣化で故障しているとのことで、今回はモーター交換のみだったので1時間もかからず作業完了。料金も3万(税別)と概算よりも安くなった。こんなことなら最初からメーカーのサポートに頼むべきであった。ありがとう暖冷サービスさん。 ということでマンション住みの皆さん、中間ダクトファンも壊れるので

異音がしたら疑ってください。

スポンサーリンク