初老のボケ防止日記

おっさんのひとりごとだから気にしないようにな。

スポンサーリンク

リフォームでの出来事。



現在絶賛リフォーム工事中の我が家。細かい部分の問い合わせに備えてわざわざ休みをとって自宅待機しているのだが、狭い我が家で工事してもらってるんでくつろぐスペースもないし業者さんが汗水たらして作業している隣で短パンでアイス食べながらTV見てるのも気が引けるのでかしこまってPCで仕事しているフリをしながらTwitterをしていたら、インターホンが鳴った。
出てみると、そこにはマンションの管理人の姿が。話を聞いてみると「共有部にあたる廊下に資材や機材を置いてあるが、ここは"避難経路"だから別の場所にすぐに撤去して欲しい」とのこと。なるほど、確かにおっしゃる通りである。だが、移動してると今日の作業に影響がでてしまうので「終わり次第すぐ撤去しますんで(ここはひとつよしなに)」と譲歩してもらうように試みたのであるが普段から媚を売るのが得意でないので全く効果はなかった。
仕方がないので「ハイハイ(業者さんに)どかせさせまーす。」と心のこもってない返事をしてその場は終えたのだが、よくよく考えると昨日から工事は開始しているのに昨日(の管理人に)は注意を受けなかったし、何よりもぶしつけな口調かつ高圧的な態度であったので流石に埼玉のガンジーと言われる位温厚な自分も腹が立ってきた。ということで、業者さんにはお隣さんの避難経路だけ確保した形で最小限に移動してもらい、それでも文句言われたらギャフンと言わせてやろうとシミュレーションしてみた。

管理人「別の場所に撤去してって言ったよね?」
俺「(ご指摘は避難経路の確保とのことでしたので)お隣さんの避難経路は確保しましたが?」
管理人「... そうじゃなくて廊下にモノを置かないで言ってるの(怒)」
俺「え?廊下にモノを置いたら駄目なんです?」
管理人「廊下は共有部分だから!勝手に個人のモノを置いたら駄目なのッ!」
俺「なるほど…。それでしたら他所のお宅が廊下に置いているベビーカーや子供の自転車も駄目ですよね?」
管理人「....」
俺「こちらは工事期間だけの限定ですけど、皆さん常に置かれてますけどそれに対して注意されたことはあるんですかね?」
管理人「....ギャフンッ!」

というような妄想をしていたら、再びインターホンが鳴った。出て見るとそこには先程の管理人が。よし、時は来た。

管理人「先程は住民の方とは知らず失礼致しました!」

うーむ。どうやら、俺は工事業者に間違えられていたようだ。たしかに今日は間違われても仕方がないようなラフな格好をしてた。だからといって、ここまで態度を変えるのもおかしな話だ。といっても、管理人はマンション管理会社の社員でありマンション管理会社はマンション管理組合と契約している。マンション住民はマンション管理組合員なので管理人からすれば顧客にあたる。だから住民を丁寧に扱う事自体は間違いではない。だからといって、業者に対して高圧的な態度をとっていいのかというとそれはおかしいのではないだろうか。
幸いにも自分の働く業界では、20年前の若い頃ならともかくここ最近は(決定権を持つ担当者も同世代になってきたこともあって)あからさまに尊大な態度を取るお客さんに出会ったことはない*1

経験的にこの手の対応をする人間は自分より上の世代に多く見られる。昔はそれでもよかったかもしれないけど、今はそんなことしても直ぐに誰かの耳に入って自分の評判を落とすだけだ。しかも、社会というのは不思議な縁があったりするので、ただの腹いせで大きなしっぺ返しを食らうことだってあるのだ。ということで、私は彼の上司のケータイに直接電話して「チェンジ」と言いたい気持ちをグッと堪えて忘れることにしました。

*1:今回の対応を業者さんと話したら「割とよくありますよー」とのことだった

スポンサーリンク