初老のボケ防止日記

おっさんのひとりごとだから気にしないようにな。

スポンサーリンク

AOKIの「抗菌・洗えるマスク」を購入した。



SHARPのマスクは一向に当たる気配がないのに…。

紳士服大手の「アオキ(AOKI)」が、新型コロナウイルス感染拡大に伴うマスク不足を受けて、洗って繰り返し使用できるマスクを開発した。5月1日からアオキと「オリヒカ(ORIHICA)」の公式オンラインストアで予約販売し、16日から順次店舗でも取り扱う。

 マスクは外層に撥水加工を、中・内層に抗菌加工を施した素材を使用した3層構造で設計。生地は伸縮性のあるジャージー素材を採用し、立体縫製で顔にフィットする。なお、抗菌効果は洗濯しても持続するという。

AOKIが洗って繰り返し使用できるマスク発売、洗濯しても抗菌効果が持続

当初は店舗で販売予定だったものが密を避けてオンライン申し込みによる抽選販売制となった。

店舗購入 マスク抽選販売のお知らせ【AOKI公式通販】
(現在は申込み停止中。次回抽選時のURLが同じかは不明)

  • AATCC=米国繊維科学技術・染色技術協会基準合格
  • 抗菌効果が30回選択しても持続
  • 10枚で1,000円(税別)。
  • 近くの店頭で受け取り(送料要らず)。

日頃から「NASAお墨付き」とかの謳い文句に弱いので、試しに申し込んでみたら2回目で当たってしまった。

開封の儀

日用品の買い物ついでに最寄りの店舗に行って購入してきた。

f:id:osa030:20200531182550j:plain
スマホで当選メールからのページを店員に見せると、既に袋に入れてあった状態でバックヤードから出てきてレジで精算。恐らく、店内にいる他の客に対する配慮なのだろうがほとんど会話もせずに購入できてしまい何やら怪しいブツを取引をしている妙な気分に。

f:id:osa030:20200531182600j:plain
中身はこんな簡易包装。

f:id:osa030:20200531182611j:plain
洗濯の仕方を見る限り、ネットに入れて普通に洗って問題ないらしい。ガーゼマスクと違って楽チンだ。

f:id:osa030:20200531182619j:plain
サイズは1サイズのみ。色はグレーとホワイトの2色なのだが今回の抽選はホワイトのみ(本当はグレーが良かったけど)。

f:id:osa030:20200531182734j:plain
想像していたよりもマスク部分の面積が大きい。「mattana」と言う謎のタグが付いているが「AOKI」って書いてなくて良かった。

f:id:osa030:20200531182640j:plain
立体縫製なので開いても真ん中が盛り上がっている。日本人の顔に合わせて作ってあるので鼻が高い族だとちょっと無理かも?

比べてみた

写真だけだと大きさがわかりにくいので、普通の使い捨てマスクと比べてみた。最近では日本製マスクもそこそこ出回ってきた。

f:id:osa030:20200531182649j:plain
ぶらりと立ち寄ったコンビニで3ヶ月ぶり位に偶然遭遇して思わず衝動買いした日本製マスク。

<p>快適ガードプロ プリーツタイプ</p><p>レギュラーサイズ5枚入</p>|商品情報|白元アース株式会社

f:id:osa030:20200531182700j:plain
重ねてみたところ。AOKIのマスクのほうが横幅が広い。縦はプリーツを伸ばせば同じ位かなーという印象。

f:id:osa030:20200531182711j:plain
続いては、本日ドラッグストアで大量に売られていた純日本製マスク。こういうのが普通に買える日常が戻りつつあるのは本当に嬉しい(ただし、定価)。

f:id:osa030:20200531182723j:plain
純日本製マスクはMサイズで175mmとパッケージに記載があったので、こちらのほうがAOKIのマスクの大きさがわかりやすいだろう。

f:id:osa030:20200531182743j:plain
ここまでの比較で「あれ?AOKIのマスクは耳にかける紐部分が小さくね?」と思った諸君、実は伸縮性もあまりないのだ。頑張って指で広げてもコレくらい。つ使い捨てマスクほどの伸縮性はないのは30日は使い回す前提だとすると仕方ないのかもしれない。

つけてみた

Mサイズのマスクを長時間着けていると耳が痛くなってしまう顔面サイズな初老がAOKIのマスクをつけたところ、予想通り紐が伸びないので耳まわりは非常にタイト。Lサイズマスクを常用している人間はちょっと着け続けるのはしんどい印象だ。無念である。
試しに子供達(中高生)に試着してもらったところ、サイズ的にはキツくないとのことなので普段Mサイズマスクな人であれば恐らく問題無いだろう。実際のマスク部分については、顔を覆う面積も一般的なマスクよりも広い上に立体縫製ということもあり窮屈さを感じることはなかった(顔平たい族の感想)。反面、素材的なこともあって、これからの季節に長時間着け続けるのはしんどそうな気がしないでもない。

まとめ

使い捨てマスクが入手しやすくなったとは言え、日本製は定価で売られている状況なので衛生面を気にして毎日新しいものを使うのは家族が多いと地味にしんどい。かといって消毒して使いまわすにしても毎日長時間着け続けるとなると数日がいいところだろう(特に、中高生は脂ギッシュだったりするので)。そんな状況で、5枚で1,000円、30回洗っても効果は変わらず洗濯の仕方も普通の衣類と同様というのは、なかなか魅力的ではなかろうか。当選しないと購入できないという現状は残念であるが、集団生活上のエチケットとしてのマスクが当たり前になりつつあるので、今後他のメーカーの製品も含めてファッション感覚で気軽に選べるようになるといいですね。

スポンサーリンク