初老のボケ防止日記

おっさんのひとりごとだから気にしないようにな。

スポンサーリンク

「Rakuten Mini」をQi対応させてみた。



B1対応してると思ったら~、B1非対応が仕様?でした~。Qiクショー!!

先日貰った購入した楽天モバイルの「Rakuten Mini」、残念ながらワイヤレス充電には対応していない。しかしながら我が家はワイヤレス充電が普及したナウい環境だ。

osa030.hatenablog.com

ワイヤレス充電の何が便利かって、スマホ毎にLightningとかUSBだType-CだMicro-Bだと異なる接続端子を意識せずに空いてる充電台にポンッと置けば充電できること。これに慣れてしまうと充電ケーブルを接続するのすら手間で仕方がない。

そんな訳で、「Rakuten Mini」もワイヤレス充電できたらいいのになードラえもん助けてーと思っていたら、TLに素敵な情報が流れてきた。どうやらワイヤレス充電非対応のスマホをワイヤレス充電(Qi)に対応させるワイヤレス充電レシーバーとやらが販売されているらしい。

ものは試しにAmazonでポチる。これで「Rakuten Mini」向けのアクセサリー総額は本体3,200台分になってしまった…。

開封の儀

f:id:osa030:20200610164731j:plain
箱。

f:id:osa030:20200610164740j:plain
本体(ワイヤレス充電台に向ける側)。

f:id:osa030:20200610164749j:plain
本体(スマホに向ける側)。茶色の部分はスマホに固定する両面テープ。微妙なサイズ感なので付けてもすぐに剥がれてしまいそう。ケースの間に挟む分には使わなくても良さげ。

f:id:osa030:20200610164756j:plain
スマホと接続するType-C部分。今回はケーブル部分が余らないように「B タイプ(Type-C 短タイプ)」を購入。

合体してみた

早速「Rakuten Mini」と合体させてみる。

f:id:osa030:20200610164805j:plain
取り付けてみた所。ケーブル長はジャストサイズ。カメラ部分の縁にかかっているがレンズ自体には重ならない。

f:id:osa030:20200610164812j:plain
先日購入した手帳型ケースにもそのまま装着できた。

f:id:osa030:20200610164832j:plain

カメラ部分もカバーを付けた状態でもレンズ自体にはかぶらないので問題ない。

充電してみた

ここまでは順調。さて、果たして手帳型ケース越しに充電できるのだろうか…。

使うワイヤレス充電台は「Anker PowerWave 7.5 Stand」。

f:id:osa030:20200610164820j:plain
ピコーン!。充電ランプが点灯。ステータスバーの電池マークも充電中に変化した。この状態でしばらく放置して100%となる所までは確認した。

補足だが「"Rakuten Mini" with 手帳型ケース feat. ワイヤレス充電レシーバー」、元々ワイヤレス充電に対応しているスマホのように充電台にポンっと置けば即充電ランプが点灯するような手軽なモノではない。というのも、ワイヤレス充電レシーバーのスウィートスポット(?)があまり広くないようなのだ。しかも、手帳型ケースの厚みもあるのか充電ランプが点灯表示する位置を探すのが結構というか割とシビアである。あと何故か同じワイヤレス充電台なのに違う個体によって相性があるような気もしないでもない。

「Anker PowerWave 7.5 Stand」の場合、充電がうまく開始できない場合は台の下のランプが点灯しっぱなしにならずにゆっくり点滅する。そうなった時は充電できていないので、一度端末を充電台から離し、充電台のランプが消灯してから再度チャレンジしてみるとうまくいく可能性が高い。

そんな訳で、充電台との相性もありそうな気がしないでもないので、素直にオススメするつもりはないのだが「俺はどうしてもQi充電したいんだ!キーッ!」という熱い情熱を持っている人は他の人の人柱チャレンジ情報や口コミを参照にした上で試してみるとよいだろう。諸君の検討を祈る。

スポンサーリンク