初老のボケ防止日記

おっさんのひとりごとだから気にしないようにな。

スポンサーリンク

在宅勤務にはちゃんとした椅子があったほうがいいっす



しかも、ちゃんとした椅子は体に優しいッスから!

前回、在宅勤務用に液晶モニタを買おうと決意したオジサン。

osa030.hatenablog.com

ならばもういっそのこと椅子も買おうではないか。バランスボールに座ったところで全く痩せないしな!

検討

現在の在宅勤務環境では、椅子は子供達が学校でいない間は勉強机の椅子を借り、帰宅したらダイニングテーブルの椅子を使っている。これらの椅子に長時間座って作業していると、腰や肩にダメージが蓄積され週末が近づくにつれてしんどさMAXだ。そんな訳で自分が椅子に求めるのは「長時間座っても疲れない」ことだ。ところで「長時間座っても疲れない」、そんな夢のような椅子は存在するのだろうか。それがあるんですよ奥さん、1日8時間、週5日働き続ける企業戦士向けのオフィスチェアってやつが。という事で、購入候補は

オフィスチェアに決定。

どんなオフィスチェア

オフィスチェアと一口に言ってもピンキリなのだが、座り心地に関してはシンプルに価格に比例する。つまり「高いオフィスチェア=最高」。では、高ければどんな椅子でもいいのか、と言うとひとつだけ外せないポイントがあって、それは肘掛けがついていること、しかもアジャスタブルなやつ。日本の中小企業だと肘掛けのついたオフィスチェアは役職者用みたいなイメージが強いのだが、あんな固定の肘掛けはザクの角みたいなもんです。自分の環境にあわせて調節できない肘掛けなんてあっても意味がない、そうジオングの脚と同じです。つまり、机の高さや自分の姿勢に合わせて調節できるアジャスタブルな肘掛けこそが至高って訳さ。という事で、

アジャスタブルな肘掛け付きのオフィスチェアに決定。

新品か中古か

アジャスタブルな肘掛け付のオフィスチェア、大体がミドルクラス以上になるので、たかが椅子のくせに定価で10万を超えてくる。但し、そのレベルになると長く使えるので1日の1/3にあたる8時間、月20日座り続けるとして年間約1,900時間。で8年使うとすれば15,000時間位座っていることになるので、15万のオフィスチェアを買っても1時間あたり10円、1日80円なのだッ!と騙されそうになったが、庶民がたかだか椅子に給付金を軽く超える15万出せるだろうか、いや出せませんね。そんな困った庶民の皆さんにはぜひ中古のオフィスチェアを選択肢に加えてもらいたい。そう、中古なら新品で15万する椅子も5万以下で買えるんです、程度によるけりですが。 実を言うと、会社では中古の高級オフィスチェアを使っていてもう10年位経つけど今だに壊れない、椅子もオジサンの体も。そんな実績もあって

中古のアジャスタブルな肘掛け付きのオフィスチェアに決定。

国内品か 舶来品か

日本のオフィスチェアと言えば「オカムラ」、「コクヨ」、「イトーキ」、「内田洋行」の4大オフィス家具メーカーの製品が鉄板。舶来品で言えば「スチールケース」や「ハーマンミラー」辺りが有名どころ。日本人の体を知り尽くした国内品か古来より椅子文化である舶来品のどちらがいいかは正直悩ましいところであるが、中古で販売されているオフィスチェアは実際に企業が実際に使っていたものが流通している(そもそも企業向けに中古品を流すのが中古オフィス業界)ので、放出先の殆どが外資系企業である舶来品よりも国内品のほうが流通量が多い。会社で使っている椅子がスチールケース製ということもあって今回もスチールケース製と当初は思ったのだが、時は空前のリモートワーク時代、同じように考える人が増えているらしく中々予算に見合った良品と巡り会えない。なかには肘掛けなしの良品は見つかるので、それを買って後から肘掛けを自分で付けたら良いのではと閃いたものの、舶来品だと肝心の肘掛けがなかなか単体で手に入らないし、仮に代理店から購入するとしてもかなりお高い。そんな訳で、今回はパーツの入手性を考慮して

中古のアジャスタブルな肘掛け付きの国内品のオフィスチェアに決定。

候補

自分の中で一番優先度が高いアジャスタブル肘掛けで探していたら、面白そうな椅子を発見。

www.itoki.jp

4Dリンクアーム...4D????

  • 1D: 上下
  • 2D: 前後
  • 3D: アーム回転
  • 4D: 肘パッド回転

よくわからんけど…すごそうだ。

ところがこのActチェア、2018年11月発売とのことなので中古市場ではあまり見かけない…と思ったら、なんと展示品が販売されているではないか。しかもお値段もお安い。中古オフィスチェアを購入する時に馬鹿にならない送料*1含め予算内に収まりそうだ。もっとハイクラスなオフィスチェアの中古も魅力的ではあるが、予算的にどうしても年数が経ったものになるので実物を見ないと決断しにくいのが難点だ。というよりも最新鋭のアジャスタブル肘掛けの誘惑にはどうしても勝てない…よーし、

Actチェア(中古な良品)、君にキメたッ!

*1:距離にもよるけど3,000~5,000の間は見ておくほうが良い

スポンサーリンク